長さが整えられた眉

眉を整える際、形と同じくらい悩むのが眉毛の長さです。

男性の場合、眉毛の長さは4mmを目安にするといいといわれますが、なぜ4mmがベストなのでしょうか?

眉毛の長さによる印象の違い、多忙な経営者や高収入ビジネスパーソンが眉毛を整えるコツについてくわしく解説します。

男の眉毛の長さは4mmがベスト!その理由とは?

男性が眉毛を整える際、4mmの長さにそろえた方がいいと言われるのには3つの理由があります。

清潔感がある

眉毛が長すぎると毛が密集し、かつ毛先が下がって眉のラインからはみ出るため、全体的にもっさりとした印象を与えてしまいます。

4mmの眉毛は、ほどよいボリュームを保ちながら、スッキリとした清潔感のある長さなので、野暮ったさを感じさせません。

ビジネスでは身だしなみに清潔感があるかどうかが重視されますので、経営者や高収入なビジネスパーソンの間でも、4mmの眉毛は間違いのないスタンダードな眉毛として人気を集めています。

ナチュラルな仕上がりになる

長すぎる眉毛は清潔感に欠けると説明しましたが、逆に眉毛を短くカットしすぎると、地肌が透けて見えるほど眉が薄くなってしまいます。

眉毛は目や口と同じくらい表情に影響を与える重要なパーツですので、眉の存在感がなくなると、表情の変化がわかりにくい顔立ちになってしまいます。

長すぎず短すぎず、ちょうどよい長さの4mm眉なら、男らしい眉のラインを強調しつつ、やり過ぎ感のないナチュラルな仕上がりになるので、ビジネスでも親しみやすい印象を与えられます。

初心者でも手入れしやすい

眉毛のお手入れは髪の毛以上に難しいといわれており、ちょっと失敗しただけでも顔立ちががらりと変わってしまいます。

毛量や毛の太さによっては、2mmや5mmに調整した方が良いケースもありますが、2mmはやり過ぎ感、5mmは手抜き感が出やすいため、眉のお手入れになれた上級者でないときれいに整えるのは困難です。

その点、4mm眉は毛量や毛の太さに関係なく、誰でも採り入れやすいベーシックな長さなので、初めての方でも整えやすいところが利点です。

最終的に2mmや5mmに挑戦したいという方も、まずは4mmに整えるところからスタートし、慣れてきたら微調整するという形でステップアップした方が失敗のリスクを軽減できるでしょう。

男の眉毛の長さによる印象の違い

定規と鉛筆

眉毛を整えるというと、眉の形ばかり注目されがちですが、実際は眉毛の長さを変えるだけでも顔の印象は大きく変化します。

ここでは眉毛の長さごとに、相手に与える印象の違いをまとめてみました。

眉毛の長さが1~2mm

眉毛の長さを1~2mmまでカットすると、ボリュームが少なくなり、全体的に薄めの眉毛になります。

眉の存在感が薄くなるぶん、中性的でマイルドな印象を与える一方、男性らしい力強さは欠けてしまいます。

特にもともと眉毛が細い人が2mm以下の長さにカットしてしまうと、眉毛の存在感がなくなり、「表情がわかりにくい怖い人」になってしまうおそれがあります。

眉の1本1本が太い人なら、ある程度短くカットしても表情が失われることはありませんが、薄すぎる眉はビジネスにおいて「気弱そう」「頼りなさそう」など、経営者や高収入ビジネスパーソンに似つかわしくないイメージを与えてしまうことがあるので要注意です。

眉の長さが3~4mm

3~4mmの眉毛は最も自然体に見える長さで、プライベートからビジネスまで、幅広いシーンで好まれます。

最もスタンダードなのは4mmですが、毛量の多い人や、1本1本が太い人は3mmに整えると、柔らかい雰囲気を演出できます。

3mmと4mmのどちらにするかは好みや眉毛の状態にもよりますが、まずは4mmに揃えて全体のバランスをチェックしてから、あと1mmカットするかどうか決めた方がよいでしょう。

眉の長さが5~6mm

眉の長さが5mmを超えると、眉全体の色が濃くなり、存在感がアップします。

男性の場合はより男らしく、キリッとした印象を与えるため、力強さや頼もしさを前面に出したい場合におすすめの長さです。

ただ、5~6mmの眉毛は少しお手入れを怠ると「伸ばしっぱなし」のイメージが強くなりますので、こまめにケアする必要があります。

眉の長さが7mm以上

眉の長さが7mm以上になると、かなりワイルドな印象になります。

眉と目の間が狭まるので目力が強くなりますが、ボサボサ眉との差は紙一重で、2~3日お手入れしなかっただけでだらしない印象になってしまう可能性があります。

毎日こまめにお手入れする余裕があるのならチャレンジしてみるのもアリですが、経営者や高収入ビジネスパーソンのように、日々多忙でなかなか時間が取れないという方は、スタンダードな4mmに揃えた方が無難です。

仕事で忙しい中でも眉毛の長さを整える方法とコツ

はさみとコームで手入れ

眉毛の発育スピードには個人差がありますが、大体1週間で約1mm伸びるといわれています。

眉毛は髪の毛よりも長さが短いぶん、わずか1mm伸びただけでも印象がガラリと変化しますので、自分にとってベストな長さをキープしたいのなら、最低でも1週間に1回は眉毛の長さを整えることが大切です。

仕事で忙しい毎日を送っている経営者や高収入ビジネスパーソンにとって、眉毛を整える時間を作るのは容易なことではありませんが、以下の方法とコツを押さえれば、短い時間でもさっと眉毛の長さを整えられるでしょう。

必要なアイテムを準備する

眉毛の長さを整えるには、眉毛用のはさみ・コーム・シェーバーが必要です。

はさみとコームだけで整えることも可能ですが、眉をいくつかの区間に分けてカットするので、長さを均一にそろえるのは困難です。

長さを揃えるアタッチメントが付いた眉用シェーバーがあれば、眉の長さを均一にカットできるため、失敗のリスクを軽減できます。

事前に毛流れを整え、肌を保湿しておく

眉の毛流れが乱れた状態でカットすると、仕上がりの長さがバラバラになり、不自然な見た目になってしまいます。

まずは眉用コームを使って丁寧に眉の毛流れを整え、すべての眉毛が同じ方向を向くように調整しましょう。

また、シェーバーの滑りを良くするために、あらかじめ眉まわりの肌を保湿しておくのもポイントです。

シェーバーを好みの長さに設定し、眉毛をカットする

仕上げたい眉毛の長さに合わせてシェーバーのアタッチメントを切り替えたら、刃を眉尻から眉頭の方向に向かって優しく当てるようになぞっていきます。

このとき、シェーバーを持っている手とは反対の手で、こめかみあたりの皮膚を上方向に軽く引っ張ると、皮膚のたるみがなくなって刃が引っかかりにくくなります。

眉用はさみで形を微調整する

シェーバーで長さを整えたら、眉用はさみを使って眉の形を微調整します。

眉のラインからはみ出た余分なところのみカットするのが目的なので、はさみを使ってあらためて眉毛の長さをそろえる必要はありません。

最初のうちは手間取るかもしれませんが、慣れてくれば簡単に眉毛の長さを整えられるようになります。

ただ、シェーバーやはさみは皮膚の表面に出た眉毛をカットするだけなので、眉のラインからはみ出た余分な毛は少し時間が経つとすぐに伸びてきてしまいます。

毎日多忙で眉をきれいに整えている時間が取れない!という経営者や高収入ビジネスパーソンは、余分な毛を根元から除去できる眉毛サロンのワックス脱毛を利用することをおすすめします。

男の眉毛は清潔感のある4mmがおすすめ!

男性の眉毛は、長さによって相手に与える印象が大きく異なります。

どのくらいの長さに揃えるかは、眉の毛量や太さ、好みなどによって異なりますが、清潔感を重視するビジネスマンなら、長すぎず短すぎない4mmの長さで整えるのがおすすめです。

眉毛の長さは眉用コームやはさみ、シェーバーがあれば自宅でも整えられますが、セルフケアではきれいな状態を長持ちさせるのは難しいので、多忙なビジネスマンは余分な毛を根元から取り除けるワックス脱毛の利用を検討してみるとよいでしょう。

メンズの眉毛スタイリング実例

眉毛のワックス脱毛や、眉毛ケアに関するご相談は、代官山駅から徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分の「メンズ眉毛サロン代官山店」にお任せください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事