切れ長の目

顔の印象を大きく変える眉毛。女性と違ってメイクをしない男性にとって、眉毛の形はとても重要です。顔の形によって似合う眉毛は違いますが、目の形によっても似合う形は違います。キリッとクールな印象を与えがちな一重の場合は、どんなメンズ眉毛が似合うのでしょうか。

今回は一重に似合うメンズ眉毛の特徴や、正しい整え方について解説します。一重の目をより魅力的に見せるメンズ眉毛の形を知って、クールな目元を印象付けましょう。

一重に似合うメンズ眉毛とは?

一重の場合は二重よりも目が小さく見えてしまう傾向にあるので、それをコンプレックスに感じている方もいるかもしれません。しかし一重の男性は「キリッとしている」「色気がある」「クールそう」などと、女性からの人気は高いです。

そんな一重に似合うメンズ眉毛は、どのような印象を作りたいかによって異なります。例えばできるだけ目の印象を強くしたいのであれば、「ある程度太さを残した眉毛」がおすすめです。逆にすっきりとした瞳の印象を残したいのなら、「シャープな眉毛」にすると、クールな印象が強調されます。

どちらの場合でも、眉毛は少し長めにして緩やかな斜めにラインを描いている方が目の印象が強くなります。長めの眉毛にすることでスマートな印象になるので、ビジネスシーンでもデキる男感をアピールできますよ。

一重に似合うメンズ眉毛を作るコツ

顔の形をチェックする男性

一重に似合うメンズ眉毛を作るときは、いくつか押さえておきたいコツがあります。お手入れをする前にこれから紹介するコツを押さえておきましょう。

顔の形も意識する

似合う眉毛の形は、目の形だけでなく顔の形も大きく影響します。先ほど目の印象を強くする場合は「ある程度太さを残した眉毛」、シャープさを残したいなら「シャープな眉毛」と紹介しましたが、ご自分の顔の形によっても似合う眉毛の形を考えてみましょう。一重であることと顔の形の二つの面から考えることが、似合うメンズ眉毛を作るコツです。

アイブロウで描いてみる

「なんとなくこんな感じかな」と眉毛のお手入れを始めてしまうと、最終的に大失敗してしまうことがあります。次の日に大事なプレゼンや会議、商談があるのに情けない眉毛で仕事をするのは絶対に避けたいですよね。

一重に似合うメンズ眉毛を作るためには、まず最初に理想とする眉毛の形をアイブロウで描いてみましょう。「この眉毛が似合いそうだな」と思っていても、実際に自分の顔に当てはめるとイメージと違ったということも起こりやすいです。

一度自分に似合う眉毛の形を決めたら、あとは伸びてくるたびに調節するだけでいいので、二度以降は楽になりますよ。

眉毛と目の幅を狭くする

一重の場合、二重に比べると目力が弱くなってしまいがち。できるだけ目力をキープするためには、眉毛と目の幅を狭くしましょう。元々の眉毛と目の幅は人によって異なりますが、できるだけ眉下をいじらないのが一重でも目力をキープするコツです。もし眉下をいじらなくても眉毛と目が離れているのであれば、アイブロウを使って眉下を少し描き足してもいいでしょう。

眉毛を薄くしすぎない

二重と比べると目の印象が薄くなってしまいがちな一重の男性。女性はメイクで目元の印象を変えられますが、男性はそうもいきませんよね。そこで一重に似合うメンズ眉毛を作るときは、眉毛を薄くしすぎないようにしましょう。太めに眉毛を作る場合でもシャープな眉毛にする場合でも、ある程度濃さを残しておきます。かなり眉毛が濃い場合は少しずつ毛量を調節してバランスを見てください。

眉毛が薄くなってしまうと、顔全体の印象がぼやけてしまいます。キリッとした一重の魅力を生かすためにも、濃さを残して全体を引き締めましょう。

メンズ眉毛を自分で整えるときの注意点

ハサミで眉をカット

眉毛を整えるのに慣れていないと思わぬ失敗をしてしまうことがありますよね。そこでメンズ眉毛を自分で整えるときに押さえておきたい注意点を紹介します。

剃るときも切るときも少しずつ

眉毛は剃っても切ってもすぐ生えてきますよね。面倒に感じて一気に剃ったり切ったりしてしまう方がいますが、そうすると失敗する可能性がかなり高いです。眉毛をお手入れするときは、剃るときも切るときも少しずつ調整するようにしましょう。ビジネスパーソンは仕事もプライベートも忙しいですが、ゆっくりと時間が取れるときにお手入れした方がいいです。

目元を温めてからお手入れする

眉毛はヒゲを剃るときのようにシェービングジェルは使いません。しかしそのまま剃刀やシェーバーで剃ってしまうと、剃り残しをしてしまって剃り跡が目立ちやすくなってしまいます。目元を温めると眉毛周辺の皮膚も眉毛自体も柔らかくなるので、根本からしっかり処理できますよ。目元を温めるときは、ホットタオルを使うのがおすすめです。

コームを使う

眉毛の形を整えるとき、長すぎる毛はハサミでカットすることになります。その際には必ずコームを使いましょう。コームを眉毛に当てれば、どの毛が長すぎるのか一目瞭然です。切りすぎ防止になりますので、失敗も避けられるでしょう。

またカットする前にコームを使って眉毛全体をとかすのもポイントです。しっかりとかした後に毛の流れを整えてから、眉毛のお手入れをするようにしてください。

眉上の毛は剃らない

眉上はうぶ毛もありますし、処理すべき無駄な毛が多いので剃って処理したくなるかもしれません。でも眉上の毛を剃ってしまうと、伸びてきたときにジョリジョリとした感じが目立ってしまいます。眉上の毛を処理するときは、剃刀やシェーバーではなく毛抜きがおすすめです。

うぶ毛も一度剃ってしまうと生えたときに目立ってしまいますから、うっすらと生えている程度なら手を加えない方が清潔感をキープしやすくなりますよ。

どうしてもうぶ毛が気になるなら、ワックス脱毛で根本から全て処理することをおすすめです。他の毛もワックス脱毛なら根元から処理できますし、お手入れの頻度も少なくてすみます。

自分に似合う眉毛の形はプロへの相談がおすすめ

一重に似合うメンズ眉毛といっても、一人ひとり顔の形は違いますし、なりたいイメージも異なりますよね。自分にどんな眉毛が似合うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、眉毛スタイリングのプロに相談してみましょう。簡単なように思えて、自分に似合う眉毛を見つけるのはなかなか難しいです。眉毛スタイリングのプロなら、その人の顔や目の形、イメージに合った理想的な眉毛をデザインしてくれます。要望に沿いながらも、その人の魅力を高めてくれるようなデザインを提案してくれるので、自分にとってベストな眉毛の形が見つかりますよ。

メンズの眉毛スタイリング実例

代官山駅から徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分の「メンズ眉毛サロン代官山店」なら、入念なカウンセリングで、一人ひとりに応じた眉毛を提案します。一重に合った眉毛でお悩みならぜひご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事