サプライズ

「がんばった部下を労いたい」「部下の誕生日にちょっとしたものをプレゼントしたい」という時、どんなプレゼントを選ぶか迷ったことのある方も多いのではないでしょうか。

気持ちのこもったプレゼントであれば何でも喜んでもらえるでしょうが、どうせなら部下から「素敵だな」「センスがいいな」と思われるようなプレゼントを選びたいところです。

そこで今回は、部下に喜んでもらえるプレゼントの選び方をご紹介します。

一流経営者やビジネスエリートは部下へのプレゼントセンスが問われる

相手が心から喜ぶプレゼントを選ぶには、相手の立場になって、「どんなものをもらえば嬉しいか」を的確につかむ必要があります。

特に部下の場合、「上司からいただいた」という気持ちが強いぶん、表情から本音を読み取るのは難しいため、贈る側には想像力や観察力が求められます。

部下が心から喜ぶプレゼントを渡せば、「人が求めるものがわかるセンスの良い人だ」と感動し、あなたへの評価もアップすること間違いなしです。

逆に、相手のことを考えない残念なプレゼントを渡してしまうと、表面上はお礼を言われても、陰ではプレゼント選びのセンスを疑われ、株が下がってしまうかもしれません。

ささやかなプレゼントであっても、その選び方によって部下からの評価が上下する可能性がありますので、贈り物選びは慎重に行うことが大切です。

部下に喜ばれるプレゼントの選び方7つのポイント

プレゼントを渡す

お世辞ではなく、部下に心から喜んでもらえるよう、プレゼント選びのポイントを男女別、シーン別に7つご紹介します。

【男女共通】プレゼントは気を遣わせないものを選ぶ

部下へのプレゼントを選ぶにあたり、まず心がけておきたいポイントは、「相手に気を遣わせないプレゼントを選ぶ」ということです。

上司からプレゼントをもらうのは、部下にとってただでさえ恐縮してしまうことなのに、さらに高級なものを贈られたら「嬉しい」という気持ちよりも「申し訳ない」「何をお返ししたらいいんだろう」という戸惑いの思いが勝ってしまう可能性があります。

日頃の仕事をねぎらうのなら2,000円~3,000円程度、誕生日プレゼントなら3,000円~5,000円程度、結婚祝いなら10,000円前後くらいの予算でプレゼントを選ぶと、相手も気を遣わずに済みます。

男性の部下へのプレゼントなら仕事で使える実用的なアイテムがおすすめ

男性の部下にプレゼントを贈るのなら、職場などで使える実用的なアイテムを選ぶのがおすすめです。

たとえばボールペンやUSBメモリなどのアイテムは、リーズナブルな物もある一方、ちょっと良いものは3,000円~5,000円くらいの価格帯の商品が販売されています。

これらのアイテムは名入れサービスに対応しているものもありますので、誕生日プレゼントにも最適です。

女性の部下へのプレゼントはデザイン性を重視する

女性の部下へのプレゼントを選ぶときは、実用性だけでなく、デザイン性にもこだわりましょう。

一目見ただけで「かわいい」「きれい」と感じるようなファッショナブルなアイテムなら、もらった方のテンションもぐっとアップします。

おすすめは、きれいなパッケージで香りも良いハンドクリーム。

化粧品より好みを選ばず、職場でも気軽に使えるものなので、誰に贈っても喜ばれるオールマイティなアイテムです。

ハンドクリームもピンからキリまでいろいろありますが、プレゼント用には普段はなかなか手が出ないようなワンランク上のハンドクリームを選ぶのがポイントです。

結婚・出産祝いなら自宅で使えるものがおすすめ

結婚や出産のお祝いとしてプレゼントを渡すのなら、夫婦や家族で使えるよう、自宅で使用するものを選びましょう。

たとえば、ペアのグラスやカトラリー、夫婦茶わんなど、実生活で使えるものを選ぶと喜ばれます。

出産祝いの場合は、赤ちゃん用のスタイやタオルなど、消耗品を贈るのもおすすめです。

日頃のねぎらいなら、スイーツやコーヒーギフトが人気

日頃頑張っている部下をねぎらう気持ちでプチギフトを贈りたいときは、相手の負担にならないよう、できるだけ形に残らないものをプレゼントしましょう。

甘いものが好きならクッキーやチョコレートなどのスイーツを。お酒が好きな部下へはおしゃれなクラフトビールなどを贈ると喜ばれます。

スイーツを贈る場合は日持ちのするものを渡すと、相手に負担をかけずに済みます。

退職する部下には、新たな門出を祝うものを選ぶ

異動や退職で会社から離れる部下には、新しい生活で使えるアイテムを贈るのがおすすめです。

異動または他の会社に転職する部下には、名刺入れやタンブラー、折りたたみ傘など、新しい職場でも使えるものを選ぶとよいでしょう。

相手の好みがわかっている場合は、ネクタイやベルトなどをあげても喜ばれます。

部下にさりげなく欲しい物を聞いてもOK

プレゼント選びで失敗したくないのなら、部下にさりげなく欲しい物を尋ねてみるのもひとつの方法です。

休憩時間やランチの席など、日常のシーンで雑談ついでに聞いておけば、相手もそれほどかまえずに、素直に答えてくれるでしょう。

あからさまに聞くのは抵抗があるという場合は、部下が使っているものや、身の回りにあるものをチェックすると、おおよその好みや嗜好を把握することができます。

プレゼントの価値を上げるには、渡す人の身なりも大切

清潔感

同じプレゼントでも、尊敬する人や好意を持っている人から贈られれば、その価値は2倍、3倍になります。

日頃の部下との関係はもちろんですが、プレゼントは手渡しするものですので、やはり見た目の清潔感は欠かせないポイントです。

見た目というとファッションセンスをイメージしがちですが、相手に好印象を与えたいのなら、肌の状態やボディラインにも注意を払う必要があります。

20代~50代の働く男女を対象に実施したアンケート調査によると、2割近くの人が「頭髪や身だしなみに清潔感がある」、あるいは「姿勢や立ち居振る舞いがスマート」な人を「理想の上司」の条件に掲げています。[注1]

一方、「頭髪や身だしなみに清潔感がない」上司を「最低」と感じる人は全体の4割に上っており、清潔感やスマートさのない上司は嫌われる傾向にあることがわかります。

嫌いな上司からプレゼントをもらっても、部下は素直に喜べませんので、日頃から肌やボディラインを整えておくことを心がけましょう。

[注1]マイナビニュース:部下が考える最低上司は「清潔感がない」「部下の手柄は自分のもの」

部下にセンスの良いプレゼントを贈って、一目置かれる上司になろう

部下にプレゼントを贈るときは、相手に気を遣わせず、かつ実用的なアイテムを選ぶのがポイントです。

同じ部下でも、男性と女性、贈るシーンによっておすすめのプレゼントは異なりますので、相手の好みも考えながら、センスの良いプレゼントを贈りましょう。

また、せっかくすてきなプレゼントを贈るのなら、身だしなみを整えてスマートに渡すと、上司としての株がよりアップします。

肌やボディラインに悩みを抱えているのなら、代官山・恵比寿・中目黒から徒歩数分というアクセスの良い場所にあるメンズ専門エステサロン「TransATT(トランザット)」にご相談ください。

ひとりひとりのお悩みやご要望を丁寧にヒアリングしたうえで、最適なメニューをご提案いたします。初めての方にはお得な初回限定プランもご用意しておりますので、プロの施術をぜひ体験してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事