自然なグレイヘア

年齢を重ねてくると、ちらほらと白いものが目立つようになります。

株式会社リクルートライフスタイルが実施した「白髪に関する意識調査2019」によると、男性は平均38.2歳で白髪が気になり始め、平均40.8歳で白髪染めをスタートするという結果が報告されています。[注1]

一方、「何歳までケアするか」についての回答が「平均61.6歳」と定年退職の年齢に近いことから、仕事を辞めるまでは白髪のケアをしたいと考えている男性が多い実状がうかがえます。

では実際、男性の白髪はビジネスに何らかの影響をもたらす可能性があるのでしょうか?

今回は、男性の白髪がビジネスに与える影響や、白髪染めをするか否かの基準について、わかりやすく解説します。

[注1]株式会社リクルートライフスタイル:「白髪に関する意識調査2019」結果発表

男の白髪は良くも悪くもビジネスに影響する

白髪が目立ち始める時期には個人差がありますが、誰でも年齢を重ねれば多少なりとも白髪が生えてくるようになります。

そのため、白髪はごく自然な老化現象の一種といえますが、それでも多くの男性が白髪染めを行うのは「周囲からよく見られたい」という願望があるためです。

前述の「白髪に関する意識調査2019」で、男性約260名に「なぜ白髪染めをするのか」という質問(複数回答可)をしたところ、「若く見られたいから」「白髪がない方がかっこいいから」「身だしなみとして必要だから」「いい印象を持たれたいから」といった理由が上位にランクインしていました。

逆にいうと、白髪のある人は「老けて見られる」「身だしなみに気を遣っていないように思われる」といった負のイメージを抱いている人が多いことがわかります。

見た目が若々しい人は、好感や頼もしさを覚えるため、ビジネスシーンでも良好な第一印象を与えられます。

一方で、最近はあえて白髪を染めず、自然体のまま過ごす「グレイヘア」を選ぶ方も増えてきています。

同調査でも「白髪・グレイヘアは見せ方によってはすてきな印象を与えると思う」と回答した男性は6割を超えており、白髪混じりのヘアスタイルが必ずしもマイナスイメージに直結していないことがうかがえます。

白髪があると若々しさは感じないかもしれませんが、そのぶん、大人の男性らしい落ち着きや風格を醸し出せるようになるため、安心感や信頼感を与えられるという点では、ビジネスシーンで有利に働くこともあるようです。

白髪を染めるか染めないかを判断するポイント

根元の白髪

白髪が出てきて、染めるか染めないか迷ったら、何を基準に判断すればよいのでしょうか。

最終的な判断は自分で下すべきですが、ここでは参考までに、白髪を染めるか否かを決めるポイントを5つご紹介します。

部分的に生えているかどうか

白髪の生え方は人によってまちまちで、髪全体に白髪が目立つ人もいれば、生え際にだけ白髪が集中している人もいます。

髪全体に白髪が広がっている方は、髪型次第で落ち着きのあるロマンスグレーになれますが、部分的に白髪が固まっていると悪目立ちしてしまいますので、白髪染めした方がよいでしょう。

白髪の増え方

白髪が増えるスピードには個人差があり、年齢と共にだんだん増えてくる人がいる一方、短期間で急激に白髪が生えてくるケースもあります。

後者の場合は年齢以外の原因(ストレスや生活習慣など)が関係しているパターンが多いのですが、いきなり白髪だらけの頭になると本人のショックも大きく、気持ちも落ち込みやすいので、白髪染めを検討することをおすすめします。

髪の量が多いかどうか

薄毛の人はもともと実年齢より老けて見られがちですが、残った髪が白髪だと、さらに見た目年齢が高くなってしまいます。

髪の量が少ない人や、1本1本が細くてボリュームのない人は、若々しさを保つために白髪染めを行った方がよいでしょう。

髪の状態

白髪染めは、アルカリ剤を使って髪のキューティクルを開き、内部に酸化染料を浸透させて発色させる仕組みになっています。

開いたキューティクルは時間の経過と共に元の状態へ戻っていきますが、毛羽立った状態のまま摩擦を加えると、キューティクルが剥がれて髪が傷む原因となります。

美容院で染めれば、自宅で染めるよりも髪のダメージを抑えられますが、それでも多少は髪に負担をかけてしまいます。

傷みのひどい髪は白髪以上に老けた印象を与えてしまいますので、もともと髪が傷んでいる人は、ダメージが回復するまで白髪染めを避けた方が無難です。

まわりからどう見られたいか

ビジネス相手や、周囲の人間からどう見られたいかを基準に白髪を染めるかどうかを決めるのもひとつの方法です。

若々しさやフレッシュさを前面に出したいのなら白髪を染めた方がよいですし、逆に大人の雰囲気や落ち着いた印象を与えたい場合は、あえて白髪を残すのもありでしょう。

白髪が気になるからといって、抜くのはNG!

白髪を抜く

白髪が数本しかない人は「染めるのは面倒」「髪を傷めたくない」などの理由で、白髪を見つけたらつい抜いてしまいがちです。

確かに白髪染めをするより手っ取り早いですし、その場では白髪も目立たなくなりますが、無理に髪の毛を引っこ抜くと毛穴まわりに大きな負担がかかり、炎症を起こす原因になります。

頭皮に炎症が起こるとフケやかゆみ、赤みなどのトラブルが起こりやすくなるほか、毛根が傷んで細毛や抜け毛に悩まされるリスクも高くなります。

白髪を抜くくらいなら根元からカットした方が無難ですが、白髪の数が多いと手間がかかりますし、白髪の固まりをカットするとヘアスタイルが不自然になってしまいますので、白髪染めを行った方がよいでしょう。

ビジネスマンは髪色よりも顔やボディの若々しさが大切

ビジネスシーンで若く見られたい人は白髪染めを行った方が良いと説明しましたが、実は男性の若々しさは髪色だけで決まるものではありません。

株式会社マンダムが働く男女を対象に実施した意識調査によると、40代の男性に「若々しそう」という印象を抱くのは「肌の状態が良いとき」と「体型が引き締まっているとき」がそれぞれトップだったことが明らかになっています。[注2]

つまり、白髪があってもなくても、肌の状態が悪い人や、だらしない体型をしている人は「老けている」とみなされてしまうのです。

白髪が目立ち始める時期は、ちょうど肌の老化や体型の崩れが気になる時期でもありますので、白髪のケアと共に、肌や体型のケアにも気を配るようにしましょう。

[注2]株式会社マンダム:40代男性を取り巻く周囲の意識調査③

若々しいビジネスマンになりたいのなら、白髪だけでなく肌やボディもケアしよう

白髪は必ずしも悪いイメージばかりではなく、髪型次第では落ち着きのある大人の雰囲気を与えることができます。

一方、若々しいイメージを与えたいのなら、白髪が目立ち始めた段階で白髪染めを検討するのがおすすめです。

ただ、人の若々しさは髪色だけでなく、肌の状態や体型によって大きく左右されます。

いくら白髪をきれいに染めても、肌が荒れていたり、体型が崩れていたりすると、実年齢より老けて見られる原因となります。

逆に、多少白髪があっても、肌つやが良くて体型がスマートな人は若々しい印象を与えられますので、顔やボディのケアにも力を入れることが大切です。

肌の調子や体型に悩みを抱えておられる方や、若々しい見た目をキープしたい方は、代官山・恵比寿・中目黒から徒歩数分の好立地にあるメンズ専門エステサロン「TransATT(トランザット)」のご利用をおすすめします。

ベテランスタッフがお客様のご希望やニーズに合わせて、最適なメニューと高度な施術を提供いたします。

初回限定のお得なメニューもラインナップしておりますので、若々しい見た目を維持したい方は、ぜひTransATT(トランザット)をご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事