男性は40代を超えると魅力が増すという方もいますが、実は40代男性の魅力は外面というよりも内面的な部分にあります。

頼りになり仕事ができるという点で魅力を感じる女性が多いので、外見が若く見えることにデメリットは少ないのです。

40代の男性がまるで20代男性のように若く見せるためには日々のケアが重要です。

こちらでは、洗顔、保湿、マッサージ、睡眠、食事の5つの項目に分けて若返りのポイントをご紹介します。

洗顔フォームを使って正しい方法で洗顔する

正しい洗顔は若々しい肌を維持するための重要なポイントです。

特に男性は20代位から肌に発生する皮脂が多くなり、その量は女性の約2倍ともされています。

40代頃から皮脂量が減る女性に対し、男性は40代、50代となっても皮脂の量は減らない傾向にあるため、洗顔フォームを使ってしっかりと洗うことが大切です。

具体的な洗顔の手順は以下の通りです。

正しい洗顔方法

事前の手洗い

洗顔の前には手についている雑菌や油分、汚れなどを落とすために手を洗いましょう。

まずはぬるま湯で流す

洗顔フォームを顔につける前に、顔を30度前後のぬるま湯で洗います。これで一部の汗やホコリが落ちて洗顔フォームがなじみやすくなります。

洗顔フォームを泡立てる

準備ができたら洗顔フォームを充分に泡立てましょう。たっぷりと泡立てたほうが細かい毛穴まで泡が入り込むのでしっかり汚れを落とせます。

洗顔フォームを優しくつける

顔の汚れはこすってとるのではなく、泡で浮かびあがるものです。洗顔フォームをつけるときにはゴシゴシと強い力ではなく、マッサージするような気持ちで弱い力で洗うのがポイントです。

特にTゾーン(額部分と鼻の筋から頭にかけての部分)は皮脂が多くベタつきやすいので、洗い残しがないように気をつけましょう。

お湯を手にためてすすぐ

シャワーを直接顔にあてて洗い流す男性もいますが、水圧が肌への刺激になるので手の中にお湯をためてすすぎましょう。

洗顔後にはしっかりケアを

乳液やクリームなどで保湿ケアをすることでかさつきなどの対策をします。

朝晩の洗顔後に化粧品を使ってしっかりと保湿する

男性 美容液
洗顔後に化粧品を使って肌のケアをする男性は少数派ですが、ケアをしっかりしないと肌がかさつき、老けて見えてしまいます。

特にアゴ周りは毎日ヒゲを剃る部分のため、肌の角質が削られ乾燥しやすい部分です。できれば化粧品を使って洗顔後の保湿をしっかり行いましょう。

肌を守るための化粧品には、化粧水、乳液、クリーム、美容液などがあります。

化粧水

肌を洗い流してしまったあとに水分を与える目的の化粧品です。洗浄後に使用します。

乳液

潤いがなくならないように保護する目的の化粧品です。化粧水の後に使用します。

クリーム

保湿に加えて、合わせて肌によい成分を含みかさつきを抑える目的の成分が含まれています。

美容液

化粧水と同様に水分をあたえることが目的ですが、乳液やクリームなどの保護する機能も合わせたものです。

これから肌ケアを始めるのであれば、まずは化粧水と乳液をセットで使用するか、1つで化粧水から美容液までの全ての役割を担う「オールインワン」化粧品を選ぶといいでしょう。

顔を洗った後が最も乾燥しやすいので、お風呂や朝の洗顔後にこれらの化粧品を使用することが大切です。

目の周囲や顔全体をマッサージして血行を促す

顔色が悪いことも老けて見える原因となります。良い顔色を保ち若く見せるためには、顔のマッサージを行い血行を促すことが有効です。

目の周囲を軽く叩いてマッサージ

目の下の血行が悪くなるとクマが発生し、疲れているように見えてしまいます。対策としては、目の下を指三本で優しく叩くといいでしょう。

皮膚が薄くなっている部分なので、力加減には充分注意して行います。10秒程度行うだけでも血行が改善されますよ。

顔全体の老廃物を流すマッサージ

手のひらで顔の中央→こめかみ→耳の手前→鎖骨へと流すようになぞっていきます。こちらも力は弱めでOK。肌表面の老廃物が流されて血流が促進されます。10分程を目安に何度かマッサージをするといいでしょう。

睡眠環境・体のリズムを整えて質の高い睡眠をとる

40代ともなると、仕事で重要なポストについているケースもあるでしょう。中には睡眠時間を削ってでも仕事をしなければと考える方もいます。

しかし充分な睡眠をとらないと、肌荒れにつながって老けて見えるだけでなく、思わぬ病気を引き起こしてしまうこともあります。

一般的に必要とされる1日の睡眠時間は6〜8時間ほどです。ただし人によってとるべき睡眠時間は異なります。

翌日の日中に眠気が発生したり、疲れていると感じない程度の睡眠をとりましょう。加齢とともに睡眠時間は少なくなり、20年ごとに30分程度少なくなるのが一般的な傾向と言われています。

質の高い睡眠をとるためのポイントは以下の通りです。

室内の照明は消し、心地よい室温を保つ

寝室の照明を消して暗くする、温度を高くしたり低くしたりしすぎないなど質の高い眠りには環境を整えることが大切です。寝る前にリラックスすることでも睡眠への導入がよくなります。

毎朝決まった時間に起き、起床後に日光を浴びる

睡眠の質を上げるためには、毎日寝る時間と起きる時間を一定にすることも重要です。また朝起きた後に日光を浴びれば体のリズムが整いやすくなり、熟睡へとつながります。

抗酸化物質を含む食品を意識して取り入れる

緑黄色野菜
加齢やストレス、不規則な生活などは、老化や生活習慣病の一因と言われる「活性酸素」を増やすことが知られています。[注1]

若々しい毎日を過ごしたいのであれば、活性酸素を除去する力が高い抗酸化物質を意識して取り入れることが効果的です。

代表的な抗酸化物質は以下のとおりです。

[注1]公益財団法人長寿科学振興財団:抗酸化による老化防止の効果

ビタミンC

緑黄色野菜、果物、イモ類などに多く含まれています。体内で余ったビタミンCは水に溶けてなくなってしまうので、毎日摂取することが大切です。

調理前に水で洗いすぎることもビタミンCが溶ける原因となるので注意しましょう。

ビタミンE

植物性の油やナッツ、かぼちゃなどに含まれています。ビタミンA ・ビタミンCと併せて摂取するとより効果的です。

ポリフェノール

コーヒーやお茶、紅茶であったり赤ワインなどに含まれます。お茶類は缶やペットボトルなどの既製品ではなく、茶葉から抽出したもののほうが多く含まれます。

コエンザイムQ

ビタミンが酸化するのを助け、ビタミンを補助する働きをもっています。青魚や牛肉、豚肉に含まれる栄養素です。

男性の若さの維持は習慣が大切

以上、若さを維持するための5つの秘訣をご紹介しました。これらはコツコツ日々実践することが重要です。顔の乾燥や血行、栄養状態は一日では簡単に変わりません。

しかし仕事が忙しくなかなかケアを継続できないという方も少なくありません。そんな方は、代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)へ気軽にご相談ください。

下記は初回体験後の会員様のビフォアアフター写真です。ウォブクリニック中目黒監修の細胞レベルの肌質改善と独自の小顔・顔瘦せ施術で男性の第一印象を改善。初回から結果に拘るフェイシャルエステ(小顔施術)を強みとしています。
若返り
老け顔から若返り20代のような顔をを本気で目指す方は、下記から初回50%OFFの体験コースを是非、ご予約下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事