顎 シャープ 男性

なかなか営業で良い成績が残せないと仕事で悩んでいる男性の中には、顔の改善をしたいと考えている方もいるでしょう。

また、外見に変化を出すためには、お金をかけなければならないとお思いの方も多いのではないでしょうか。しかし、その必要はありません。

特に顎の形は第一印象に大きな影響を与えますが、日々のトレーニングなどで顎瘦せして、顎をシャープにすることが可能です。今回は男性の顎痩せのためのコツをご紹介いたします。

素敵な第一印象でライバルに勝つ!

営業で仕事をとる際に第一印象は重要で、その第一印象は顔から決まります。

第一印象を良くするには見た目が重要

人間が初めて会った人の第一印象は、見た目を元に会ってからの数秒間で決まってしまいます。第一印象と実際の人柄は同じと考えている人が多いため、営業職にとって第一印象は重要です。

穏やかや優しそうというのであれば良い印象ですが、心を開いてくれていない、何を考えているかわからないといった第一印象を持たれてしまうと、プレゼンの内容が明確だとしても、話すら聞いてもらえないという事態も考えられます。

性格の印象は顔の形から

顔の形も印象に大きな影響を与えます。これは性格が顔に現れていると無意識に思っている人が多かったり、体型と違って簡単に隠すことができない部分である顔を印象の参考にしがちなためです。

  • 丸顔:優しいが平凡的
  • 四角顔:負けない性格だが頑固
  • 縦長顔:無難な対応ができる
  • 逆三角顔:知識があり判断力が高い

顔の形は上記のような印象を与えやすいと言われています。

この中で仕事を依頼したい、任せたいと思ったり、信頼できそうだから商品を購入しようと思える傾向にあるのは縦長や逆三角形の顔なんだそう。

絶対に失敗できない仕事であれば無難な性格っぽい縦長顔の人に、挑戦的で新しい仕事を依頼するなら判断力に長けていそうな逆三角形顔の人に任せたくなるようです。

総合して考えると、シャープな顔つきが営業では有利だと言えますよね。

顔の形をシャープにするには顎瘦せして顎をシャープにする

顎の形
顔の形を決める一番のポイントは顎まわりです。顎が大きいと丸顔や四角顔のどちらかになってしまいます。
この顎まわりの大きさは骨格がある程度影響するものの、努力で小さくすることが可能です。

年齢とともに顔の形は変わる

20代のときにはシャープでスッキリした顎であっても、加齢とともに顎の形は変わっていきシャープさを失います。40代になると四角型の形が多くなる傾向が。

「最近、顎にシャープさがなくなってきたかな?」と思っている方は、そのままにしていると次第に膨らんでしまうので早めに対策をしましょう。

顎が大きく見えるというのは周囲についている脂肪が原因です。ダイエットすることで顎瘦せすれば、骨格はそのままでも顎がシャープになります。

顎をシャープにする方法

顎をシャープにするためのダイエット方法はいくつかあります。全てを行う必要はありませんので、自分がやりやすいものを選んで実践しましょう。

1日のなかで何度もやるのではなく、毎日続けることが重要です。

顎のリンパマッサージ

方法

指二本を顎の下の先端部分にあてます。

そのまま指二本を顎のラインにそってゆっくりと斜め上に進めていき、顎の少し角度がついている部分までもっていきます。これをそれぞれ3分ずつ左右両側をやるだけです。

目的

毎朝おこなうと顎のリンパの流れがうながされ、脂肪の燃焼につながり顎瘦せにつながるというマッサージです。

舌回しトレーニング

方法

歯や口を閉じたままの状態で舌を歯ぐきにそって同じ方向に20回前後まわし、終わったら動かす方向を反対にして同様に20回前後行います。これを左右両側を2、3セットするだけです。

ただし20回まわすのが難しいという方は、できる程度の回数にとどめて徐々に増やしていきましょう。

目的

舌を動かすことで舌を支える筋肉が鍛えられて骨が引き上がったり、筋肉を使うため、二重あごの改善が期待できます。

また顔の骨が上がるので歪みの防止にもつながったり、噛む力が強くなりやすいです。

舌の突き出しトレーニング

方法

顔を少し上向きにした状態から顎を前に出します。そのままの状態で舌を鼻に向けて伸ばして5秒間キープし、次の舌を反対に顎につけるような間隔で下側に向けます。

上下両方を4、5回ほど繰り返したら完了です。こちらも2、3セットを目安に行いましょう。

目的

舌回しとは別の方法で舌を鍛えるトレーニングです。同様に二重あごの改善や噛む力を強めたり、顔の歪み防止が期待できます。

頬のエクササイズ

方法

大きく口を縦長に開け、頬を伸ばします。この状態を5秒ほどキープしたら頬を上に上げるような間隔で口を大きく「あ」と発音するにあけて同様に5秒ほどキープです。
これを4、5回繰り返すのをワンセットとして、1日に2、3セット行いましょう。

目的

顎とつながっている頬を支える筋肉を鍛えられます。顔のラインのリフトアップにつながるトレーニングです。

ガムを噛む

方法

こちらはマッサージやトレーニングなどではなく、ただガムを30分前後噛み続けるだけです。

ただし、左右の脂肪のバランスが崩れてしまうと顎がシャープな印象ではなくなるため、噛む歯を左右どちらかに偏らないように注意が必要です。

左右とも同じ時間噛み続けるか、ガムを2粒使い左右の奥歯に1粒ずつ入れるとバランスを取りやすいです。

1日2、3回が目安ですが、最初のうちは顎が疲れてしまうので、少し疲れる程度にとどめましょう。

目的

ガムを噛むことで顎まわりのエネルギーを使い、周囲の脂肪のダイエットになります。顎のラインが綺麗になることや、二重あごの防止にも。

首のエクササイズで顎のシャープさを目立たせる

首のリンパマッサージ
顎瘦せして顎をシャープにしても首が太いと、顎よりも首が目立ってしまいスッキリした印象が薄れてしまいます。

首が太くなるのは脂肪のだけではなく、仕事の疲れなどによって発生した血液やリンパ液がむくみを引き起こしているとも考えられます。

首をグルグル回すことは体に良くないので、マッサージでむくみを改善しましょう。

首のリンパマッサージ

方法

手のひら全体を耳のすぐ下にあてて、そこから肩までのラインをなぞるように優しく動かします。1分前後行ったら反対側も同様です。

その後に同じ耳の下から今度は手のひらを鎖骨の上になぞります。こちらも左右それぞれを1分前後やります。

目的

首にたまりがちなリンパを鎖骨まで流していくことで首のむくみを解消する期待ができ、首や肩のコリの改善に働きかけてくれます。

首のタオルストレッチ

方法

タオルを用意して両端をそれぞれ両手に持ちます。そしてタオルの中央部分を頭にかけ、タオルで引っ張るように前にゆっくりと倒します。

その状態から右か左のどちらかをひっぱり、それに合わせて首を伸ばします。少し傾くくらいに抑えましょう。30秒ほどキープしたら、反対側も同様に行います。

目的

首筋を伸ばして血行をうながし、むくみを抑える効果が期待できます。

顎をシャープにして仕事で勝とう

顎瘦せして顎をシャープにすることで第一印象が知的で判断力のある人というイメージになり、営業職での仕事や商品獲得に大きくつながります。

骨格は変えられなくても、トレーニングなどで顎をシャープにすることは可能です。こうした日々のトレーニングやマッサージに加えて代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒駅から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)の顎瘦せ施術を合わせることで、顎がよりシャープな印象になります。

下記は初回体験後の会員様のビフォアアフター写真です。ウォブクリニック中目黒監修の細胞レベルの肌質改善と独自の小顔・顔瘦せ施術で男性の第一印象を改善。初回から結果に拘るフェイシャルエステ(小顔施術)を強みとしています。
顎瘦せ
顔瘦せして顎をシャープにすることを本気で目指す方は、下記から初回50%OFFの体験コースを是非、ご予約下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事