「なんか顔が疲れてるね。大丈夫?」なんて心配された人も多くいるはずです。本当に疲れているならともかく、元気いっぱいのときにそんな心配をされると相手に申し訳なくなったりしますよね。

そこで今回は、顔が疲れて見えることで相手に与える印象と、それを防ぐための3つのケアを紹介します。

「疲れ顔」は相手に悪い印象を与えてしまう

ビジネスマンの約8割が、疲れていないのに「疲れてる?」と言われた経験があると言います。[注1]

疲れるほど仕事に追われていると思われてしまい、「仕事ができない」「自己管理能力が低い」という認識を相手に持たれてしまうこともあります。

顔色がくすんでいる、目の下にクマがある、笑っている表情に無理があったりする、いわゆる「疲れ顔」は相手からの信頼や期待を下げてしまいます。

営業職でお客様のところを周るときに、疲れ顔のせいで悪い印象を持たれてしまい契約してもらえない、ということもあるかもしれません。

顔が疲れて見えることを防ぐためには、睡眠と食事を整え規則正しい生活をすることが何より大切です。またお肌のお手入れをキチンとしてあげることで、うるおいとハリのある元気な顔になります。

具体的には何をしていけばよいのか、順番に解説していきます。

[注1]資生堂:肌の明るさとそこから受ける印象についての調査

栄養バランスのとれた食事をする

バランスのとれた食事

お肌を作る元になるのは、食事から摂れる栄養素です。ですから栄養バランスのとれた食事を心がけるようにすれば、自然と元気なお肌になります。特に次の栄養素を意識して摂取するようにしましょう。

たんぱく質は皮膚を作るのに必要な要素

たんぱく質は、皮膚を作るのに必要な栄養素です。

皮膚は一度作られたらそれで終わりではなく、ターンオーバーと言って定期的に古い皮膚がむけて、新しい皮膚に生まれ変わっていきます。新しい皮膚を作り出すために、たんぱく質を日々摂取する必要があります。

たんぱく質を多く含む食品には肉・魚・牛乳・豆類などがあります。良質なたんぱく質を日々摂取して、くたびれた皮膚を新しく生まれ変わらせるようにしましょう。

ビタミンは身体が必要な栄養を取り込むのをサポート

ビタミンは、脂質や糖質、たんぱく質といったさまざまな栄養素をうまく体内に取り込んで機能させるのを助ける働きをします。皮膚を作るためにせっせと摂取したたんぱく質が皮膚に生まれ変わるのを助ける、いわば潤滑油のような働きをする栄養素です。

体内で作り出すことができないので、食べ物やサプリメント等で摂取していく必要があります。

ビタミンにもいくつか種類がありますが、特にお肌のために摂取したいのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。働きには違いがありますが、どれもザックリ言うと「皮膚を健康な状態に保つ」役割を持っているので、疲れ顔を防ぐのに一役買ってくれます。

ビタミンAはうなぎや緑黄色野菜、ビタミンCは柑橘系くだものやじゃがいも、そしてビタミンEはアーモンドに特に多く含まれているので、ぜひこういった食材を積極的に食事に取り入れるようにしてみてください。

ポリフェノールで老化を防ぐ

ポリフェノールは抗菌作用を持っているため、老化を防ぐ働きがあります。この働きにより、肌にシミやシワが出来るのを防いでくれます。

ポリフェノールを一番多く含むものとしてはコーヒーが有名ですが、他にもぶどうやリンゴ、バナナといったフルーツに多く含まれています。フルーツを食べるとポリフェノール以外にビタミンや食物繊維も合わせて摂取することができるので、お肌の健康のためにはフルーツを積極的に食べると良いでしょう。

質の良い睡眠をとる

皮膚は寝ている間に作られます。起きている間に摂取したたんぱく質やビタミンを使って新しい皮膚を作るために、良質な睡眠が必要です。

もう少し詳しく説明すると、人は眠りに落ちてすぐのタイミングで体内に「成長ホルモン」を分泌します。これが新しい皮膚作りの推進役となって、寝ている間に皮膚が生まれ変わっていきます。

もし、照明や騒音など寝入りばなを邪魔するような刺激があれば、分泌される成長ホルモンが少なくなり、お肌の生まれ変わりもされなくなってしまいます。また睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりすれば、やはり生まれ変わりません。

疲れ顔を防ぎ、元気でハリのあるお肌でいるためには、質の良い睡眠が重要です。

正しいスキンケアで肌の水分と油分を適量に

メンズスキンケア

お風呂あがりや朝の洗顔後などに正しいスキンケアを行うと、お肌を健康な状態に保ち老化を防ぐことができます。お肌の老化は疲れ顔の一番の原因になりますので、それを食い止めるための正しいスキンケアが元気な肌を作るのには重要になります。

男性の肌は女性と比べて水分量が少なく、逆に油分量は多いのが一般的です。しかもメイクをしない分、日焼けなどダメージを受けがち。さらに毎日シェービングをするとそれもお肌への負担になります。

実は女性よりも男性のほうが、お肌が老化しやすい作りになっているのです。

「男性なのにお肌のお手入れをするの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが最近では20代男性の半数、30代男性の約4割が毎日スキンケアを行っているという調査結果も出ています。

疲れ顔を防ぎ、印象のよいお肌を作るために、男性でもスキンケアは欠かせないものとなっています。

具体的に何をすればよいかというと、「余分な油分を落とす」ことと「肌に必要な水分を補う」という2つのステップになります。

「余計な油分を落とす」には、顔を洗うときに石鹸や洗顔フォームをきちんと使用するようにしましょう。また「肌に必要な水分を補う」には、洗顔後に化粧水や保湿クリームなどを使い、肌に水分を与えるようにすればOKです。

とっておきの裏ワザ「メンズエステ」

とっておきのメンズエステ

「メンズエステ」では、生まれ変わる前の古い角質を取り除くことで、肌が新しく生まれ変わるのを手助けします。

普通は肌が新しく生まれ変わるまで3~4週間ほどかかるところ、生活が不規則だったり栄養素が足りていなかったりするとなかなか生まれ変わることができなくなってしまうため、エステで一気に改善してしまおう、というわけです。

ここまでにご紹介したように、元気でハリのある肌を作るためには普段から食事や睡眠、スキンケアなど注意して過ごさなければなりません。ですが仕事が忙しかったり、シフト勤務で規則正しい生活が難しかったりするとなかなか食事やスキンケアまで気を付けていられない、という方もいらっしゃるでしょう。

変にいろいろと気を使いすぎて、かえってストレスで肌荒れ、なんてことになったら逆効果になってしまいます。あまり一人で頑張りすぎず、メンズエステの力を借りて疲れ顔を卒業するというのも一つの手です。

「疲れ顔」を卒業して相手に良い印象を与えられる人になろう

元気でハリのある顔ツヤを出すためには、普段の生活が大切です。規則正しい食生活、質の良い睡眠、そしてスキンケアで油分と水分のコントロールといった地道な努力を続けることで、疲れ顔にならず良い印象を与えられるようになります。

こういった地道な努力が難しい場合には、メンズエステの力を借りるという方法もあります。ぜひご自身の生活に合わせて取り組んでみてください。

ビフォーアフターを見る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事