若い顔を取り戻したい方はこちら
疲れた印象や老けた印象を他者に与えてしまう男性の目の下の「クマ」。
特に第一印象重視のビジネスシーンで活躍する男性にとって、目の下のクマは出来るだけ早期に改善しておきたい症状です。

ただし、目の下のクマと一口に言っても、その種類に応じて原因や改善方法は異なります。

そこで、今回はビジネスマン向けに、目の下の各クマの原因とその改善方法をご紹介していきます。普段から目の下のクマでお悩みの男性は必見です。

クマの種類を判別するには目尻を軽く横に引っ張る

目の下のクマは大きく分けて、青クマ・茶クマ・黒クマの三つに分類できます。

自身の目の下のクマのタイプを知りたい方は、目尻を横に小さく引っ張ってみてください。

  • 目の下のクマが全く動かない…青クマ
  • 皮膚と一緒に目の下のクマが動いた…茶クマ
  • 目の下のクマが消失した…黒クマ

このように判別できます。それでは、3種類の目の下のクマとその改善方法について見ていきましょう。

青クマは血行不良が原因!改善方法は温タオルと葉酸・鉄分・ビタミンE

目にホットタオルを乗せる男
青クマは、睡眠不足を始めとする血行不良やストレスが原因となって発生するタイプの目の下のクマ。主に、不規則な生活をしていたり、慢性的な肩こりを患っている方に多く見られます。本来、血液は赤色ですが、目の周りの血液がうっ血を起こすと、黒みががった色(青色)に変色します。目の下の皮膚は薄いため、この血液が透けて青く見える状態が青クマです。

特に血行不良が起こりやすい寒い時期に頻繁に発生するのが青クマで、男性の目の下のクマの悩みで一番多いのは青クマと言われています。ビジネスシーンで活躍する男性にとっては、寒い時期だけでなく、スマホやパソコンと日々向き合うことにより目を酷使しており、目が疲れやすいことが原因になっていることも考えられます。

貧血になりやすい女性の場合は、そのような原因がなくても青クマが発生することはしばしばみられるようですが、もしも生活習慣的に目の下に青クマが発生する原因が考えられない男性の場合は少々注意が必要です。青クマは肝機能の低下による解毒作用の不良でも起こりえるからです。

これからご紹介する改善策を試しても、なかなか症状が改善しない方は一度医師に相談してみましょう。

改善策1. 温めたタオルを目の下に当てる

血行不良が改善すれば自然と目の下のクマも改善されるのが青クマの特徴です。もっとも簡単かつ手軽に治す手段は、目の下を暖かいタオルで温めることです。

特に、お風呂に漬かりながら目の上にタオルを乗せると全身の血流も良くなって、相乗効果で一気に目の下の青クマが薄くなるはず。

改善策2.「葉酸」「鉄分」「ビタミンE」を摂取する

青クマをとにかく改善したいなら、血行不良を改善することが一番大事。そのため、心がけたいのは血液をサラサラにする成分のある「葉酸」や血流を改善してくれる「鉄分」や「ビタミンE」が多く含まれている食べ物の摂取を心がけていきたいところ。

最もおすすめしたいのが鶏のレバーです。鉄分が多く含まれていることで有名な鶏のレバーですが、実は葉酸の含有量が多いことでも有名です。

葉酸は牛や豚のレバーにも含まれていますが、鉄分の量で比較するとやはりおすすめなのは鶏のレバー。

次におすすめなのがモロヘイヤ。モロヘイヤには葉酸とビタミンEが多く含有されています。

こちらも血行を改善する成分が二つ同時に摂取できるので、より効率的な食事を求めるなら積極的に摂取していきたいところ。

他にも、焼きのり・枝豆・高野豆腐・ひじき・あさり・納豆・プルーン・アボガドなどでも該当する栄養素の摂取は可能。

これらを食事に盛り込むのが難しい、少々続かないといった方はサプリメントで補うと良いでしょう。

茶クマは色素沈着が原因!改善方法は保湿とビタミンC

レモン
茶クマは、色素沈着が原因で起こるクマです。
色素沈着には一時性色素沈着と慢性色素沈着の2種類が存在しており、茶クマは一般的に後者である慢性色素沈着に当たります。

慢性色素沈着は、慢性的に与えられる皮膚への刺激により発生し、非常に治りにくいことが特徴です。

特に女性の方に多いタイプのクマで、その主な誘因は紫外線と摩擦。女性の方に多い理由は、主にメイクとメイク落としといった、強く目元を擦る機会が多いからです。

男性の場合でも、スキンケアを極度に重視すると、洗顔の回数が増えて、逆に茶クマを患ってしまうことがあるので注意しましょう。

他に、アトピーを患っている方も要注意。アトピーは意識的に掻くことを我慢していても、寝ている間などに無意識に掻いてしまっていることがあるからです。

茶クマは他のクマとは違い、放置していてはただただ悪化していくだけの厄介なタイプ。ただし、しっかりと対策すれば完治もそう難しくはないので、根気よく対処していきましょう。

改善策1. 目元クリームなどを塗って保湿する

茶クマへ最も効果的な対策方法がコレ。目元クリームなどを使用して保湿することです。

茶クマは、肌に着いた傷がいつまでも治らないことが原因です。その誘因となるのは、ついつい目元に手を伸ばしてしまう痒み。

その痒みは主に乾燥によって生まれます。そのため、潤いを保たせるための保湿クリームが非常に有効な改善策となるのです。

紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗ればなお万全であると言えるでしょう。

他のクマと違い、マッサージなどで目元に触れようとすると逆に悪化するだけなので、極力力を入れずに塗布するように心がけましょう。

改善策2. 「ビタミンC」を摂取する

茶クマはとにかく目を触る習慣を改めることが重要。そのため、食べ物の摂取で特に気を遣う必要はありません。

ただし、「すぐにでも治したい」「早く治したい」といった方には、ビタミンCを多く含む食材の摂取がおすすめ。ビタミンCには肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する効果があるからです。

ビタミンCを多く含む食材は、キウイ・イチゴ・レモン・アセロラ・柿・トマト・パプリカ・ブロッコリーなど。食事のデザートにフルーツをつまんだり、意識的にトマトのサラダなどを注文することを心がければ十分です。

黒クマは加齢が原因!改善方法は運動とカリウム・クエン酸・ビタミンE

筋トレをする男性
黒クマの原因は、ズバリ加齢です。年を重ねることで顔のコラーゲンが減少したり目の周りの筋肉が衰えたりすることで発生する目元の凹凸。その凹凸によって生まれた影こそが黒クマの正体です。

改善策1. 軽い運動を習慣化する

たるみやむくみが原因なので、血流を改善することで対処は可能です。そのため、習慣的な運動を心がけることがまずおすすめです。

毎朝軽いジョギングを心がけたり、お風呂上りにストレッチ・筋トレをするだけでも大きく改善されることになります。

改善策2. カリウム、クエン酸、ビタミンEを摂取する

黒クマ改善のためには、むくみ予防・血流改善・血流促進を促す食べ物を摂取するのがベター。むくみ予防にはカリウム、血流改善にはクエン酸、血流促進にはビタミンEがおすすめです。

カリウムを多く含む食材は、小豆・リンゴ・アーモンド・ほうれん草など。クエン酸を多く含む食材は、レモン・グレープフルーツ・トマトなど。ビタミンEを多く含む食材はプルーン・アボガド・モロヘイヤなどです。

少々品目が多くなってしまいがちなので、食事で補えない分はサプリメントなどを摂取してカバーすると良いでしょう。

規則正しい生活を継続することでクマは解消する

基本的にクマは規則正しい生活やバランスのとれた食生活を行っていれば自然と改善していきます。

クマを治すために生活習慣を見直したとしても、クマが治った後にまた乱れた生活に戻ってしまってはすぐに再発してしまいます。
大切なのは、継続して規則正しい生活習慣を行うこと。

出来るだけ生活のリズムは規則正しく、食生活は偏ったものを食べ過ぎないように常日頃から心がけるようにしましょう。

仕事の都合で難しいという方は、エステサロンで継続的にケアを行い、血行改善や保湿を行うのも効果的です。

代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒駅から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)では、お得なフェイシャル体験メニューも用意しています。気になる方はぜひ問い合わせてみて下さいね。

若い顔を取り戻したい方はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事