スキンケアする男性

肌が乾燥しやすいお風呂上りにスキンケアを怠ると、肌トラブルを引き起こしかねません。しかし、男性のなかには「スキンケアの方法がわからない」「面倒くさい」という人もいるはずです。

そこで今回は、男性にスキンケアが必要な理由や、お風呂上りのスキンケア3ステップを解説します。

男性にお風呂上がりのスキンケアが必要な理由

スキンケアを「女性がするもの」と考えている男性は少なくないでしょう。しかし、男性だからこそ、スキンケアが必要な理由があるのです。

  • 女性よりも肌の水分量が少なく乾燥しがち
  • 毎日のシェービングで肌にダメージを受けている
  • 紫外線によるダメージ

男性は女性に比べて肌の水分量が少なく、乾燥しやすい傾向があります。さらに、男性は毎日のシェービングで肌にダメージを受けていることに加え、日焼け対策をせず紫外線を浴びることが多いのも、スキンケアが必要な理由です。化粧品を正しく活用して肌にうるおいを与えていくことが、美肌への第一歩となります。

男性が風呂上りのスキンケアを怠るリスク

男性がスキンケアを怠った場合、乾燥によって多くの肌トラブルが引き起こされます。

  • 肌のかゆみ、ツッパリ感が気になってくる
  • 粉を吹く
  • ニキビや吹き出物が増える

ただでさえ乾燥しやすい男性の肌がさらに乾燥してしまうと、かゆみやツッパリ感などの不快感が現れます。ニキビや吹き出物、粉拭きが増え、清潔感のない印象になったり、実年齢よりも老けて見えたりするなどのデメリットもあるでしょう。

入浴中は洗顔で必要な皮脂までお湯と一緒に流れます。お風呂から上がった頃には肌の水分が拭き残した水分とともに蒸発してしまうことから、お風呂上りはとくに肌が乾燥しやすい状態なのです。

男性向け!風呂上りのスキンケア方法と順番を紹介

「スキンケアの方法がわからない」という男性向けに、お風呂上がりのスキンケア方法を順番に解説します。

1. お風呂上りはすぐに化粧水をつけて

お風呂上りは肌の水分が蒸発し、乾燥しやすいため、できるだけ早い段階で化粧水をつけましょう。重ねづけしたり、コットンに染み込ませてパックしたりするのがコツです。

化粧水には主に2つの種類があります。それぞれの特徴を理解し、自分の肌に合ったものを選ぶことで、より美肌に近づけるでしょう。

  • 柔軟化粧水…角質に水分を浸透させ肌をやわらかくする
  • 収れん化粧水…毛穴を引き締め、皮脂を抑える

柔軟化粧水は一番メジャーな化粧水で、主に角質に水分を浸透させ肌をやわらかくする効果が期待されています。乳液や美容液の効果を促進してくれるのも大きなポイントです。

一方、収れん化粧水は角質に水分を浸透させるだけでなく、毛穴を引き締め皮脂を抑えてくれます。皮脂が多い男性や、汗をかきやすい夏場にはぴったりの化粧水です。

そのほか、美白化粧水やニキビ化粧水などの化粧水もあります。迷った場合は、しみやそばかすを防ぐ効果が期待される「ビタミンC誘導体」や、保湿成分の「セラミド」などが配合された低刺激性の化粧水を選んでみてください。

2. 美容液で美白を目指す

手のひらで温める

化粧水の次は美容液を塗りましょう。美容液は、保湿や美白に効果的な成分を配合した化粧品です。

美容液を手に取ったら、美容液を手のひらで温めてから、顔全体に塗ります。気になる部分にだけ重ねづけしたら、最後にハンドプレスをして完了です。

美容液は種類が豊富にあるため、自分の肌の悩みに合った成分を含んだ商品を選びましょう。

  • しみやそばかすが気になる…ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ルシノール
  • 乾燥が気になる…セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸
  • ニキビやニキビ跡が気になる…グリチルリチン酸ジカリウム、ヒト幹細胞順化培養エキス、プラセンタエキス

テクスチャーも商品によってことなります。べたつきが気になる男性は、化粧水のようにサラサラしたタイプ、乾燥肌の男性は、とろみのあるタイプやしっとり感のあるタイプがおすすめです。

3. 乳液やクリームを塗って肌にうるおいを閉じ込める

スキンケアの最後には、乳液やクリームを塗ります。乳液とクリームは、化粧水や美容液の成分を外へ逃がさないように蓋をする役割を持つ化粧品です。どちらも保湿成分が多く含まれており、肌にうるおいを与えてくれます。

ただ、乳液とクリームは油分の量が異なるため、肌質や部位に合わせて選びましょう。

  • 乳液…水分が多く、みずみずしいテクスチャー
  • クリーム…油分が多く、こってりとしたテクスチャー

ニキビやテカリが気になる男性は、油分が少ない乳液を使ったり、気になる部分だけクリームをつけたりする方法がおすすめです。

塗り方は美容液とさほど変わりません。乳液やクリームを手のひらで温めて、目の周りや頬など、乾燥しやすい部分から塗っていきます。油分が多い部分は最後に塗って、気になる部分に重ねづけしたら完了です。

汗っかきや乾燥肌の男性はプレ乳液がおすすめ

汗を書きやすい夏場は、汗が引いてからスキンケアをするのが好ましいのですが、長時間待つと乾燥してしまいます。そんなときは「プレ保湿」がおすすめです。

先行保湿とは、化粧水の前に塗る専用の化粧品です。お風呂上りにプレ保湿として、「導入美容液」や「ミスト化粧水」を肌になじませることで、肌のコンディションが整います。ひんやりとした使い心地のため、気分もリフレッシュできるでしょう。お風呂上がりの乾燥も防げるので、乾燥肌の男性にもぴったりです。

こんな男性は気をつけて!風呂上りの間違ったスキンケア

肌にダメージ

「正直、毎日のスキンケアが面倒」と感じている男性もいます。しかし、面倒だからといって、間違ったスキンケアや雑なスキンケアを続けると、肌トラブルを引き起こしかねません。

ここでは、男性がやってしまいがちなスキンケアのNG例をご紹介します。当てはまる部分があれば、改善していきましょう。

力任せに顔をパンパンと叩く

化粧水を手に取ってパンパンと叩き込むのは、間違ったスキンケア方法です。叩いたほうが染み込みやすいと勘違いしている人も多いのですが、実際はそんなことはありません。肌を叩いてダメージを与えるどころか、化粧水を飛び散らせて無駄にしているだけです。

化粧水を塗るときは、押さえ込むようになじませること、そして重ねづけすることを心がけましょう。

タオルで顔をゴシゴシと拭く

タオルで顔をゴシゴシ拭いてしまうと、摩擦で肌が傷ついてしまいます。顔を拭く際は、優しく押し当てるようにしてぬぐうのがベストです。やわらかい素材やオーガニック素材など、肌にやさしいタオルを選んで、ダメージを軽減させましょう。

スキンケアのことならメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)にお任せ!

お風呂上りは肌の水分が蒸発しやすいため、正しいスキンケアが必要です。化粧水や美容液、乳液やクリームなどを活用して、乾燥による肌のかゆみやニキビなどの肌トラブルを防いでいきましょう。化粧品によって配合されている成分が異なるため、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

スキンケアに詳しくない男性の場合、「自分に合った商品やスキンケア方法がわからない」と悩む人もいるでしょう。

毛穴改善

そんなときは、代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)へ気軽にご相談ください。

肌質改善やリフトアップなど、肌や顔のお悩みに効果的な施術を取り入れています。初回のお客様には割引価格でご案内しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事