睡眠不足

くすみとは、肌本来の透明感や明るさ、ツヤが失われ、肌色が暗くなってしまう症状のことです。

「自分の顔が年齢以上にくたびれて見える」「周囲から『疲れてる?』と声をかけられることが多い」といった経験がある方は、肌がくすんできている可能性があります。

肌のくすみは放っておくとどんどん悪化しますので、早いうちに予防・改善に取り組みましょう。

今回は、男性の肌がくすむ原因や、日常生活で実践したい予防法、効果的なスキンケア方法について解説します。

男の肌のくすみを生み出す5つのNG習慣

肌がくすむのは「血行不良」「乾燥」「糖化」「紫外線」の4つが主な原因とされています。

糖化したたんぱく質は黄みがかっているため、肌全体の透明感が減少し、くすみ肌になってしまうことがロート製薬の研究によって明らかになっています。[注1]

糖化とは、表皮の下にある真皮層を構成するたんぱく質が余分な糖質と結び付く現象のことです。

以上4つの原因を踏まえたうえで、男性がやってしまいがちな肌のくすみを生み出すNG習慣を5つご紹介します。

[注1]ロート製薬:『表皮細胞』の糖化が、肌の透明感を左右することを解明

夜更かしによる睡眠不足

スマホやテレビを見ていたら、つい夜更かししてしまった…という経験がある方は多いでしょう。

人は睡眠中に肌のダメージを修復する「成長ホルモン」を分泌しているため、睡眠時間が不足すると乾燥や肌荒れの原因となります。

とくにスマホのブルーライトは睡眠の質を低下させるといわれており、乾燥からくるくすみを招きやすくなります。

運動不足

普段運動する習慣がなく、通勤もマイカーや公共交通機関を利用しているという方は、運動不足になりがちです。

運動習慣がないと、血液を全身に送り出す筋力が衰え、血行不良に陥ってしまいます。

血液は肌細胞に必要な酸素や栄養素を送る重要な役割を担っているため、血液の巡りが悪くなると肌がくすむ要因となります。

炭水化物や甘い物を好んで食べる

肌の糖化はたんぱく質と糖質が結び付くことで発現するため、日頃から糖質をたくさん摂取している人は糖化が起こりやすい傾向にあります。

糖質はご飯やパン、うどんといった炭水化物のほか、スイーツやジュースなど甘いものにも含まれています。

炭水化物や甘い物を好んで食べる人は、糖化によるくすみが発生しやすいので要注意です。

間違った方法でスキンケアしているorほとんどスキンケアをしない

最近は男性用のスキンケア商品も市場にたくさん流通していますが、間違った方法でお手入れすると、どんなによいアイテムを使っても効果が半減してしまいます。

とくに肌をこするように洗顔している人や化粧水をまったく使わずにケアしている方は、乾燥を増長する原因になります。

「毎日スキンケアしているのに肌のくすみが改善されない」という方は、一度自分のスキンケア方法を見直してみましょう。

日焼け対策せずに出かける

紫外線は季節を問わず一年中降り注いでいますので、日焼け対策せずに出かけると、紫外線のダメージを受けやすくなります。

紫外線を浴びるとシミやくすみのもとになる色素細胞「メラニン」が発生し、黒みがかった肌色になってしまいます。

肌のくすみを予防する方法

睡眠

肌のくすみは放っておくと悪化していきますが、ライフスタイルを見直せば症状の進行を食い止めることができます。

ここでは肌のくすみを予防するための具体的な対策を3つご紹介します。

生活習慣を見直す

睡眠不足や運動不足は肌のくすみを招く大きな要因となりますので、心当たりのある方は率先して生活習慣を見直しましょう。

運動は1回あたりの量もよりも長期間継続することが大切ですので、通勤時に歩く距離を増やす、寝る前にストレッチをするなど、負担の少ない運動からはじめるのがおすすめです。

睡眠に関しては、できるだけ日が変わる前に寝る、就寝前にスマホを触らないなど、睡眠の量と質を上げるための取り組みからスタートしましょう。

食生活を見直す

普段の食事では炭水化物や甘いものの摂りすぎに注意し、1日3食バランスのよい食生活を心がけましょう。

とくに肌のターンオーバーを整えるビタミンCや、保湿力をアップしてくれるたんぱく質、肌バリア機能を高めてくれるβカロテンなどの栄養素を積極的に摂取すると、くすみ肌の改善に役立ちます。

顔マッサージを習慣にする

顔全体には、表情筋と呼ばれる筋肉が走っていますが、目を酷使したり、営業スマイルを長時間続けていたりすると、表情筋が凝り固まって血行不良の状態になります。

逆に、表情筋をまったく動かさないと筋肉が衰えてきて、やはり血の巡りが悪くなる原因となります。

肌がくすんできたなと感じたら、朝または夜のスキンケア時に手指やフェイスマッサージャーなどを使用して、顔全体をやさしくマッサージしましょう。

顔のコリや表情筋の衰えが解消されると、肌細胞に栄養が行き渡りやすくなり、肌のくすみも改善に向かいます。

肌のくすみを改善するスキンケア方法

しっかり泡立てる

肌のくすみを改善するには、ライフスタイルを見直しつつ、正しい方法でスキンケアを続けることが大切です。

スキンケアが不足している、または間違った方法でスキンケアしていた方は、以下3つのポイントを参考に適切な方法で肌のお手入れを行いましょう。

洗顔はたっぷりの泡でやさしく洗う

肌をゴシゴシとこするように洗ってしまうと、皮膚を傷付ける原因になってしまううえ、皮膚中の水分蒸発を防ぐ皮脂まで洗い流してしまいます。

きめ細かな泡で洗えば、こすらなくても肌や毛穴の汚れを落とすことはできますので、まずは洗顔料をたっぷり泡立てることを意識しましょう。

濃密な泡ができたら肌の上にのせ、優しく円を描くようにしながら顔全体を洗っていきます。

肌と手の間に摩擦が起こらないよう、泡をつぶさずに洗顔するのがポイントです。

洗い終えたら35℃前後のぬるま湯で念入りにすすぎましょう。

肌を守る皮脂は人肌以上の温度を与えると溶けて流れてしまうので、すすぐ際の水は少し冷たく感じるくらいが適温です。

化粧水と乳液で保湿する

洗顔後は化粧水→乳液の順にスキンケアを行います。

どちらも手のひらで軽く温め、肌につけてからしばらくハンドプレスすると、より肌なじみがよくなります。

症状に応じて美容液やクリームを使用する

とくにくすみが気になるときは、基本のケアに美容液やクリームを追加しましょう。

たとえばメラニンによるくすみが目立つ場合は、美白によいとされるビタミンCやビタミンEなどが配合された美容液を化粧水と乳液の間に使用すると効果的です。

乾燥が気になるときは、化粧水&乳液の使用後、かさついた部分にクリームを重ねづけしましょう。

肌のくすみが気になったら生活習慣とスキンケアを見直そう

肌のくすみは決して加齢のせいだけでなく、日常生活の悪習慣が原因となっていることもあります。

NG習慣や誤ったスキンケアを続けていると、くすみはどんどん悪化してしまいますので、肌の変化に気付いたら生活習慣やスキンケアを見直しましょう。

プロの手を借りて効率よく肌のくすみを改善したい!とお考えの方は、代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)のフェイシャルケアをお試しください。

中目黒ウォブクリニック監修の、細胞レベルから肌質を改善する独自施術が、くすみ顔や疲れ顔の改善をサポートします。

初回限定の特別価格もご用意しておりますので、プロならではのスペシャルケアに興味・関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事