男性が抱える肌の悩みの代表格の一つに挙げられるのが“乾燥肌”です。

男性の肌は女性と比較して水分量が1/2程度しかなく、保持力も低いため、ただでさえ乾燥しやすい状態にあります。そのうえ間違ったケアや洗顔、髭剃りによるダメージなどが原因となってさらなる乾燥を招いているケースも少なくありません。

今回は、男性の乾燥肌を引き起こすさまざまな原因をはじめ、乾燥肌の予防や改善に効果的な4つの対策をご紹介しています。

角層の水分量低下が男性の乾燥肌を引き起こす!

乾燥した肌は外部からの刺激に弱く、雑菌が繁殖しやすい状態となるため、ニキビや炎症、かゆみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。水分量が少ないので弾力もなくなり、シワやくすみの原因にもなってしまいます。

肌の表面には「角層」と呼ばれる層があります。

角層間には細胞間脂質という脂質があり、これが角層と角層の隙間を満たすことで外部刺激から肌を守り、肌内部の水分蒸散を防ぐ役割が担われています。

しかし何らかの原因で角質層の水分が減少すると、こうした肌のバリア機能が働かなくなって、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

間違ったケアや洗顔・髭剃りによる肌への負担が乾燥肌を悪化させる

乾燥肌を引き起こす原因は、加齢や生活習慣の乱れ、過度のストレスなどさまざまな要因が考えられますが、特に男性に多いのが、間違ったスキンケアや洗顔、毎日の髭剃りによる肌への負担から乾燥肌を悪化させているケースです。

乾燥肌の原因1. 間違ったスキンケアや洗顔

そもそも化粧水・乳液すら使用していないという男性も少なくありませんが、せっかく化粧水でケアをしていても、化粧水をパンパンと叩きこむようにつけて肌へ負担をかけていたり、乳液・クリームを使用せずに化粧水のみでケアを済ませ、水分を蒸散させている方をお見かけします。

また、ゴシゴシと強い力で洗顔をしたり、洗浄力の強い洗顔料を使いすぎていたりと、間違った洗顔方法で肌に負担をかけ、かえって乾燥肌を招いている方も少なくありません。

乾燥肌の原因2. 毎日の髭剃りよる肌への負担

男性にとっては欠かすことができない髭剃りですが、肌の表面に刃が当たって摩擦が生じると、表面にある角質層が傷ついたり剥がれたりと相当な負担をかけます。

また、髭剃り後のアフターケア不足も、乾燥肌を引き起こす原因になります。

男性の乾燥肌の予防・改善に役立つ4つの対策

こうした男性の乾燥肌には、以下4つの対策が効果的です。

  • 化粧水だけではなく乳液やクリームを使用しきちんと保湿する
  • 毎日の洗顔方法を見直して正しい手順で顔を洗う
  • 髭剃りは摩擦を避けてアフターケアも忘れずに行う
  • 会員制エステサロンで本格的な乾燥肌改善を目指す

さらに詳しくご紹介いたします。

化粧水だけではなく乳液やクリームを使って保湿する

クリーム 保湿

乾燥肌の原因は、なんといっても肌の水分量低下によるもの。乾燥肌の改善には、化粧水や乳液を使ってきちんと保湿し、肌の状態を整えることが必要不可欠です。

「化粧水や乳液は女性が使うもの」と思ってないがしろにしてはいけません。

化粧水は清潔な手にたっぷりととり、肌に刺激を与えないよう、ハンドプレスをしながら角質層に浸透させるイメージで顔全体に優しく馴染ませていきます。2~3回重ね付けをするとより効果的です。

化粧水を馴染ませたあとは乳液やクリームで保湿をし、蓋をすることも忘れずに。化粧水だけでは水分が蒸散して、効果も半減してしまいます。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンで保湿効果を高める

化粧水や乳液といった基礎化粧品は、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが含まれているものを選ぶことも大切です。

特にセラミドは細胞間脂質の約40%の割合を占めると言われているほど、肌の水分を整えて外部の刺激から肌を守る重要な役割を果たす成分なので、より多く含まれているものが良いでしょう。

毎日の洗顔方法を見直して正しい手順で顔を洗う

普段何気なくしている洗顔方法を見直し、正しく行うだけでも乾燥肌の改善に効果的です。

特に男性は、一日に何度も洗顔をしたり、洗顔料をよく泡立てずに使用したりと、間違った洗顔方法が原因で乾燥肌を引き起こしている方が多く見られます。

過度な洗顔は必要な水分や油分を奪ってしまうため、洗顔は一日1~2回でOK。

手の平やネットでしっかりと泡立て、手が直接肌に触れないよう泡で洗うイメージで優しく肌へ馴染ませましょう。泡立った洗顔料は刺激が少なくなります。

汚れを浮かせたら、顔に洗顔料が残らないよう、すすぎ残しの多い髪の生え際、小鼻、顎に注意しながらしっかりと洗い流していきます。

ここで大切なのは、お湯ではなくぬるま湯で洗い流すこと。熱湯を使うと角層の水分が蒸散してバリア機能の低下を招き、結果的に乾燥肌を引き起こす原因となります。また、肌の油分を必要以上に奪うことも。

洗顔後は角質層が柔らかくなり、少しの刺激に対しても敏感な状態です。刺激を与えないよう清潔なタオルで優しく水分を吸い取りましょう。

また、アフターケアとして化粧水と乳液(または保湿クリーム)を使って保湿することも忘れないように。

洗顔料は保湿力が高く添加物が少ない肌にやさしいものを

「スッキリとした気分になるから」と男性に人気なのが、メンソールやスクラブが入った洗顔料。しかし、これらは洗浄力が強く、必要な水分や油分までも落としてしまう恐れがあります。

化粧水や乳液と同様、保湿力の高い成分が入った洗顔料を選ぶか、添加物の入っていない、肌に優しい成分のものを選ぶようにしてください。

髭剃りは摩擦を避けてアフターケアも忘れずに行う

髭剃り シェービングクリーム

髭剃りによる肌への負担を軽減させるには、とにかく摩擦を避けることが大切です。

特にカミソリは肌に直接刃が当たるため肌を傷つけやすく、必要な皮脂まで削ぎ落としてしまいます。負担の少ない電動シェーバーなら比較的安心です。

それに加え、髭剃りの前にヒゲに蒸しタオルを当てて柔らかくしてから剃る、シェービングクリームを使用してシェーバーの動きを滑らかにするという対策が効果的です。

ただし、シェービングクリームに含まれるアルコール成分は乾燥肌を促進する可能性もあるので、ノンアルコールのものや低刺激のものを選びましょう。

また、シェービング後は肌が非常に敏感になっているため、アフターケアとして化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることも大切です。

会員制のエステサロンに通って本格的な乾燥肌改善を目指す

「乾燥肌が酷く自力のケアでは限界がある…」「乾燥肌の他にも、シミ・シワ、くすみなどが気になる」という方は、会員制のメンズエステサロンがおすすめ。

プロによる施術なら、細胞レベルからの本格的な肌質改善が期待できます。

会員制のエステサロンなら、きめ細やかなサポートが受けられますし、カウンセリングで悩みなどをじっくりと話せるため、間違ったケアで乾燥肌を悪化させる心配もありません。

確実に乾燥肌を改善したいという方は、代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)のフェイシャルエステを検討してみてくださいね。

体験コースであればクリニック監修の肌質改善と独自の小顔技術を期間限定で初回7,000円で受けられます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事