スマホとサラリーマン

不特定多数の人と気軽に繋がれるSNSは、今や私たちの生活になくてはならないツールとなりつつあります。当初は個人のコミュニティとして活用されていたSNSですが、近年は企業が公式アカウントを取得し、ビジネスに応用されるようになりました。

SNSを上手に活用すれば、ビジネスの効率をより高めることができます。コツを押さえて積極的に利用していきましょう。

今回は、SNSをビジネス目的で利用する方法や、SNSに写真を載せるコツ、注意点などについて解説します。

ビジネス目的の利用に向いているSNSと、その方法

現在、国内外にはさまざまな種類のSNSがあり、それぞれ特徴や利用方法が異なります。

ここでは、目的別にビジネスへの利用に適しているSNSと、その利用方法を3つご紹介します。

【情報発信・収集向け】Twitter

全世界のユーザー数3億人超、日本国内でも約4,500万人のアクティブユーザーを抱えるTwitterは、SNSを代表するサービスのひとつです。1回あたりの投稿文字数は140字と少なめですが、「リツイート」と呼ばれる機能による拡散性が非常に高く、短時間で不特定多数の人に情報を発信できるところが特徴です。

自分の情報収集ツールとしても利用できますので、世間のトレンドを知りたいときにも役立ちます。

アカウントは電話番号またはメールアドレスがあれば簡単に登録できますので、思い立ったときにすぐ利用開始できるのも利点です。

【コミュニケーション向け】LINE WORKS

メッセージアプリとして人気の「LINE」が提供しているビジネス向けサービスです。LINEと同じようなトーク機能やグループLINEを使えるのはもちろん、ファイルや情報の共有も行えるので、社内外の人とビジネスコミュニケーションを取るときに便利です。

ユーザー数100人までなら無料で利用できるフリープランも用意されていますので、まずはお試しで導入してみるのもよいでしょう。

アカウントは携帯電話番号またはメールアドレス、LINEアカウントなどで開設することができます。

【名刺管理にも使える】Eight

Eightは、ビジネスシーンでおなじみの名刺交換をSNS化したサービスです。紙の名刺を電子データとしてスマホに取り込むことができるほか、オンライン上で擬似的に名刺交換を行えるため、対面していない相手ともつながりを持つことができます。

名刺交換した相手とアプリ上で交流したり、相手の最新情報をリアルタイムにチェックしたりする機能も付いており、一度つながった縁を絶やさず、ビジネスチャンスに活かすことができます。

フリープランならメールアドレスのみでアカウントを作成・登録することが可能です。

SNSのビジネス活用でのポイント

発言

SNSをビジネスに活用する際に押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

目的・ターゲットを明確にする

SNSを利用すれば多くの人に情報を拡散できますが、目的やターゲットがあいまいなまま情報発信しても、誰の心にも響かないまま終わってしまいます。

SNSで情報を発信する前に、どんな属性、嗜好の人にアプローチして、どのような結果を得たいのか、目的やターゲットを明確化することが大切です。

複数のSNSを使い分ける

SNSはサービスごとに利用者数やユーザー層、機能などに大きな違いがあります。1つのSNSに傾倒するのではなく、目的やターゲットにするユーザー層に合わせて複数のSNSを使い分ければ、よりビジネス効率がアップします。

あからさまな宣伝はしない

SNSはもともとビジネス目的で創設されたサービスではありませんので、ユーザーはあからさまな宣伝を嫌う傾向にあります。自社の商品・サービスの宣伝だけを延々と発信するアカウントは面白みがなく、最悪の場合、ユーザーにブロックされてしまうおそれがあります。

一度ブロックされると、ユーザー自身が解除するまで該当アカウントからの情報が遮断されてしまいます。継続的に情報を受け取ってもらえるよう、ユーザーが興味・関心や共感を抱くメッセージの発信を心がけましょう。

企業側の目線ではなく、ユーザーの目線から「どんな情報が発信されていれば興味を持つのか」「どのような内容なら企業に親近感や共感を抱いてもらえるのか」などを考えるのがポイントです。

個人アカウントもビジネスにつなげられる

ビジネス目的のSNSというと、企業の公式アカウントをイメージしがちですが、個人で開設したアカウントもビジネスに活用することができます。

ここでは、個人のSNSアカウントをビジネスに活用する際のポイントを2つご紹介します。

ビジネスの情報収集に活用する

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSには、常に最新のトレンド情報が出回っています。現在の流行や社会情勢などをいち早くチェックすれば、セールストークに活用したり、新たなビジネスチャンスをつかむきっかけをつかんだりするのに役立ちます。

意義のある発信をして交友関係を広げる

普段からSNSを利用している人はわかると思いますが、発信した情報に対する反響の大きさと、アカウントの知名度は必ずしも比例しません。無名の個人アカウントから発せられた情報が話題を呼び、いわゆる「バズった」状態になることも日常的に起こり得ます。

バズるまでは行かなくても、発信した内容に共感を抱いた人がフォローや友達申請をしてくれれば、SNSを介して交友関係を広げることができます。いろいろな方面にパイプをつなげておけば、ビジネスチャンスをつかむきっかけも増えていくでしょう。

ビジネスマンがSNSに写真を載せる際のコツ、注意点

自撮り

SNSでは、アカウントごとにプロフィールを添えることができます。プロフィールには名前や年齢、職業、生年月日、自己紹介を記載できるほか、任意で画像も掲載することができます。

画像の種類は何でもかまいませんが、ビジネス目的でSNSを利用するのなら、ユーザー本人の顔写真を載せるのが一般的です。プロフィール写真は、その人の印象を決める大切な要素のひとつです。片手間に取った画像ではなく、選りすぐりの一枚を選びましょう。

ここでは、SNSに写真を載せる際のコツと注意点を2つのポイントに分けて説明します。

どんなイメージを与えたいのかはっきりさせる

SNSに載せる写真には制約がありませんので、背景や服装、表情は自由に決められます。選択肢が多いぶん、相手に与えたいイメージや、写真を載せる目的を明確にしないと、印象に残らないぼんやりしたプロフィール画像になってしまいます。

見る人に信頼や安心感を与えたいのならスーツでびしっと決める、フレンドリーな印象を与えたいのなら、カジュアルな格好で笑顔を見せるなど、「こういう人だと思われたい」というイメージをもとに写真を撮影しましょう。

肌の調子、身だしなみをチェックする

最近はスマホやPCの解像度が上がり、SNSでもより鮮明な画像を掲載できるようになりました。その人の表情や身なりがわかりやすくなったのは大きなメリットですが、その反面、肌荒れや服装の乱れといった粗も目立ちやすくなります。

写真を撮影する際は、鏡で肌の調子や身だしなみをしっかりチェックし、見る人に好印象を持ってもらえる外見をしているかどうか確認しましょう。

SNSを上手に活用してビジネスを有利に進めよう

多くの人が利用しているSNSは、今や個人の趣味やコミュニケーションだけでなく、ビジネスに活用するのが当たり前の時代となっています。ビジネスに関する情報収集に役立つのはもちろん、プロフィールを充実させて意義のある発信を行えば、交友関係を広げるのにも役立ちます。

ただ、対面したことのない相手に興味・関心を持ってもらうのは簡単なことではありません。発信する情報の内容に気を遣うのはもちろん、相手に好感を抱いてもらえるプロフィールを作成することが大切です。

「プロフィールに載せる写真の顔色が冴えない」「肌の調子が悪くて写真うつりが気になる」などのお悩みを抱えている方は、代官山・恵比寿・中目黒から徒歩圏内にあるメンズ専用エステサロン「TransATT(トランザット)」にご相談ください。

5年以上の経験を持つベテランが、お一人おひとりの悩みやご希望に合わせて、最適なメニューと施術を提供いたします。ご相談やWeb予約は公式サイトから24時間受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事