ダイエットをしていても、仕事の付き合い上会食を避けられないケースは多いです。

しかしお酒を飲む前の事前準備と、飲む種類などに気をつければ飲酒をしてもダイエットで痩せた体を維持することが可能です。 お酒がなぜ体重増加につながるのか、また前、最中、後のポイントを抑えておきましょう。

お酒と体重の増加

ダイエット中の飲酒で太らないようにするには、まずどんな理由で飲酒をすることが体重の増加につながるかを知っておくことが大切です。

アルコール成分と体重増加

実はビールなどお酒に含まれているアルコール成分にはそこまで太る原因はありません。 アルコールは人間の体にとって栄養となる部分が少ないため吸収されずに分解されてしまうからです。そのためお酒は「エンプティカロリー」とよばれることがあり、これはカロリーが空であるという意味をもつ言葉です。 しかしアルコール成分以外で含まれている糖質などの栄養素は体に吸収されてしまうので、いくらアルコールを飲んでも太らないわけではなく大量に摂取することは体重に影響があります。

お酒よりも食事が原因

飲酒で酔いがまわることで食が進んでしまうため、高カロリーの食事を摂取してしまうことも体重増加の原因のひとつです。

お酒で脂肪効率が下がる

アルコールを多く摂取すると体に影響があるため、エネルギー燃焼の状態も変化してしまい脂肪増加につながってしまう点も体重の増加に影響します。量を抑えるだけではなく分解できるようにしておくことも重要です。 アルコール摂取量を少なくするだけでなく、いかに体に吸収させずに分解できるかが体重を増やさないポイントです。アルコールの分解には体の水分を消費します。

血流のむくみも外見に影響が

直接の体重増加ではありませんが、アルコールを摂取した翌日には血液にアルコールが残り、むくみが発生することでも外見として太っているように見えてしまいます。

ダイエット中にお酒を呑む前にやっておきたい3つのこと

朝食を食べる男性 ダイエット中にお酒を呑む前に大切なのは、できるだけアルコールを体に吸収させない、または分解できる準備をしておくことです。

空腹状態にしない

空腹だと食事やお酒がすすみやすくなってしまいます。夜に会食があることがわかっている日の朝食や昼食はしっかりとっておきましょう。会食前に時間があれば軽く食べておくのがベストです。

たんぱく質の摂取

事前にたんぱく質をとっておくと、アルコールを分解する機能が高まります。たんぱく質の多いものとして豆乳や牛乳があります。 お店近くのコンビニで購入することができるので、会食前に軽い食事をする時間がなくても対策が可能です。

飲酒前の運動は控える

休日で会食まで時間がたっぷりある場合、ある程度運動をして先にカロリーを消費しておこうと考える方もいます。 しかし運動後はお酒がすすんでしまったり、運動でエネルギーをつくった際に体の水分を消費してしまい、その後の飲酒でアルコールの分解を遅らせてしまいます。 また疲労で判断力がにぶってしまうことも避ける理由のひとつです。

ダイエット中の人がお酒をのむときに気をつけるべき3つのこと

水分補給をしっかりおこない、糖質の少ないお酒を選びましょう。

ビールや甘いものは避ける

ビール、ワイン、日本酒はお酒の種類のなかでも糖質が多めの酒類なので、飲み続けるのは控えましょう。 最初の乾杯でビールは空気的に避けられないこともあるかもしれませんが、2杯目3杯目などでウィスキーや焼酎などに切り替えていくことが大切です。 焼酎ベースでも甘い酎ハイは糖分が多くなるので、ウーロンハイやハイボールなど炭酸水やお茶などで割っている飲み物がおすすめです。

水を適度にはさむ

アルコールを飲む際に合わせて水を飲むことが効果的です。 アルコールを分解するときにも体の水分を使用するので脱水症状の防止になったり、分解の作用を高めたり翌日のむくみの予防につながります。 水ではなくてもお茶などでも大丈夫です。アルコールと一緒に頼んだり、お酒→水分→お酒と交互に注文する方法でも構いません。

お酒と一緒に適度な食事を

空腹状態のまま飲み続けるとお酒の吸収が早くなり脂肪燃焼に影響をあたえてしまいます。 飲みながら食事をすすめることでアルコールの吸収を抑えられ、また満腹感でアルコールの摂取量自体も減らすことができます。 しかし食事の過剰摂取はやはり体重増加につながってしまうため、適度な量にすることが重要です。 糖質の多い丼物や麺類、パンなどを控えてサラダや刺身、豆腐などカロリーの低い食事を少量とるようにしましょう。また味の濃いものや辛い食事はお酒がすすんでしまうので注意が必要です。

飲酒後は摂取したカロリーを消費

お風呂でリラックス カロリーを摂取したその日にできるだけ消費をしたいところですが、会食前と同様で直後の運動は控えましょう。 酔っている状態での運動は心臓へ負担が大きくなり、運動で使った筋肉の回復効果も少なくなってしまいます。 お風呂も心臓に負担がかかってしまうので避けるのがよいですが、お酒の量が多くないのであれば、リラックスするためにぬるめのお風呂に入るのであれば問題ありません。 入浴前には水分補給をしっかりとしておきましょう。

運動は飲酒翌日にする

アルコールがある程度分解された翌日に運動をして、摂取してしまったカロリーを消費することが大切です。 食べた食事が脂肪になるまでの時間その栄養素や健康状態によっても異なりますが、炭水化物やたんぱく質はおおよそ1、2日かかります。そのため翌日に運動をして脂肪になる前に消費することが重要です。 しかし、酔いが残っているような状態であれば運動は控えて回復してからにしましょう。

20〜30分前後の有酸素運動でカロリー消費

有酸素運動は20分から30分前後の時間かけておこなう運動で、糖や脂肪を、酸素を使い体を動かすエネルギーにすることからこうよばれています。 ポイントとしては疲労を強く感じる状態よりも、終わった後にいつも通りの会話ができる程度の運動量で終わらせることです。 有酸素運動の種類としては下記があります。
  • ウォーキング
  • 水泳
  • ジョギング
  • サイクリング

日にちをあけてからの運動方法

効率的に脂肪や糖を消費するのは有酸素運動なのですが、すでに脂肪として定着してしまうと有酸素運動だけでは効率が悪くなってしまいます。 翌日に酔いが残っていて運動できなかった場合には、先に筋肉トレーニングでウォーミングアップしてから有酸素運動をしましょう。 筋肉トレーニングで体に定着してしまっている脂肪を消費できる状態にし、有酸素運動で燃焼させるという流れで効率よく脂肪を消費させることが可能です。

ダイエット中の飲酒は怖くない

ダイエットをしている最中でもしっかりと飲む前の状態を整えておき、水をはさみながらお酒の種類を選べば体型や体重を維持することは可能です。 翌日にはしっかり運動をして食べた分を消費しましょう。しかし運動で消費する以上に食べすぎてしまった場合には体重は増えていってしまいます。 会食続きでなかなか体型を維持できない、ズボンに贅肉が乗り、恥ずかしくて、上着を脱げない、着座時の姿勢の維持が辛い、痩せられないという方は代官山駅徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分のメンズ専門エステサロンTransATT(トランザット)のぽっこりお腹の解消とウェストのサイズダウンを本気で目指すお腹痩せ痩身体験メニューを受けてみてはいかがでしょうか。悩む男性のお力になることができます。 下記のグラフは3カ月の強力EMSによる施術とリバウンドを防ぐ日常生活を意識した会員様の体重の記録です。 体重の変化 EMSとは脳に代わって運動神経に刺激を与え、筋肉を動かすマシン。世の中には、たくさんのEMS機器がありますが、そのほとんどは筋肉の浅い層を鍛える低周波のみの痩身機器。 当サロン利用のEMSはより深部に効く中周波を塔載!秒速4,000回のエクササイズで脂肪に働きかけ、筋肉を鍛えて基礎代謝量を増やすことで、太りにくいカラダづくりに役立ちます。

ダイエット中でも会食等の関係で飲酒が避けられないビジネスエリートの方や、リバウンドを防ぐ太りにくいカラダ作りを本気で目指す方は、下記から初回53%OFFのお腹痩せ体験コースを是非、ご予約下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事