「昔はスリムだったのに気づいたら太っていた!」「昔の服がいつの間にか着られなくなっていた…」「最近なんだかズボンのベルトがきつい」
そう思ってダイエットを始めたものの、なかなか続かないことはありませんか?

特に、仕事が忙しくてジムに通う時間がなかったり、会食に出席する機会が多くて食事制限が出来なかったりと、仕事とダイエットを併用するのはなかなか大変です。

しかし、焦りは禁物。時間がなくても、仕事で食事制限が難しくてもダイエットを成功させることは可能です。

今回はビジネシーンで活躍するメンズ向けのダイエットを上手に成立させるちょっとしたコツを6つご紹介いたします。

ストレスを溜め込まず息抜きしながら挑戦する

ダイエット計画
「ダイエットは我慢強さがカギを握っている!」と思っている方も多いはずですが、その考えは危険。

我慢すればするほどストレスは溜まっていき、溜まったストレスは「健康阻害」といった悪い形で自分に返ってきます。

そのため、できるだけ我慢しないことがダイエットを続けるためのコツ。その具体的な方法、抑えておきたいポイントを順番に見ていきましょう。

長期的なスパンでダイエットの計画を立てていく

ダイエットに失敗しがちな方がよくするミスが、1ヶ月や2ヶ月程度の短期間で大きく痩せようと考えること。

基本的に無理なダイエットは続きません。短期間で大きく痩せようとすると、その分だけ身体や心への負担も大きくなり、大きなストレスは日常生活にも悪影響を及ぼします。

学生であれば勉強面や部活動で、社会人であれば仕事あるいは趣味で、失敗を重ねるようになってしまいます。

また、負担が大きければ大きいほど、ダイエットのモチベーションが削がれていくスピードも早く、結果として1週間持たずに計画頓挫なんてことも珍しくはありません。リバウンドが起こりやすいのも過激なダイエットの欠点です。

そのため、まずダイエットを始めるなら長期的なスパンで予定を組むのがおすすめです。

運動はベビーステップで徐々に負荷を強くする

例え長期スパンで予定を組んでも、やはり負荷が大きすぎるとダイエットを続けることはできません。そのため、最初は小さな心掛けから始めていくのがおすすめです。

例えば、筋トレであれば20回×5セットといったようなものではなく、20回×2セットから始めていき、慣れていくにつれて回数を増やしていくようなイメージです。

ジョギングであれば、最初は15分程度で留めておき、2週間毎に5分ずつ時間を長くしていくように行うと上手くいきます。

自分にとって負荷になりすぎている、続かないと感じたら負荷を落としてみるのも続けるためのコツのひとつです。

エステに通って気分をリフレッシュさせる

しかし、どうしてもストレスをためてしまうのがダイエットというもの。そこで、自分へのご褒美として何らかのストレス発散方法を用意しておきましょう。

気を緩めすぎて食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりという痛恨のミスをしないようセーブしつつ、趣味や好きなことで気分をほぐしていきましょう。

おすすめはエステに通うこと。「エステって女性のためのものでは?」とお思いになるかもしれませんが、昨今では男性用のエステも続々誕生しています。

エステは自分の身体をリラックスさせてくれるだけではなく、新陳代謝を促進させてくれるのでダイエットとの相性もぴったり。デトックス効果で運動や日々の仕事で溜まった老廃物を排出する手助けをしてくれます。

身体を動かすことなく、ダイエットや仕事で溜まった疲れを一気に癒してくれる憩いの場所です。

エステ以外にも、歌が好きな方はカラオケなども良いでしょう。大きな声を出すことはストレス解消に繋がります。また、カラオケはカロリーを消費する点もダイエット向き。

暴飲暴食で発散するのではなく、エステやマッサージのようなサービスをご褒美として設定しましょう。

食べる料理の幅が狭まる食事制限はゆるりと行う

ダイエットと言えば食事制限。ただし、食事制限と言っても朝ご飯を抜いたり、夜ご飯を抜いたりといった方法はやめましょう。

人間には、身長・体重・年齢に応じて、それぞれ一日に必要な基礎カロリーが定められています。
これは「摂取するカロリー<基礎カロリー」という状態が慢性的に続くと、新陳代謝能力が落ちて痩せにくくなってしまうことが原因です。

まずはご自分の基礎カロリーを知り、それを超過しすぎないよう食べ物を摂取することを心がけてください。基本は三食きちんと摂って、運動で痩せることを心がけると良いでしょう。

生活習慣に紐づける


長い目でダイエットを行うということは、長期間ダイエットに対して匙を投げないということです。

そのためにわざわざダイエットの時間を設けたり、スポーツジムへ通ったり、頻繁に普段の生活から切り離して行うと、ダイエットとそれ以外の時間の切り替えが面倒になってしまいかねません。

ダイエットに身が入らなくなってしまわないよう、少し意識する程度で済む方法をとっていきましょう。

運動は毎日やる

筋トレやダイエットのサイトを見ると、大抵「2~3日に一度行おう」と書いてあります。確かに身体づくりにベストな間隔だと思いますが、その日に全力で取り掛かったとしても、他の日はダラダラしてしまえば元も子もありません。

ダイエットは積み重ねの毎日です。毎日の活動に負荷の少ない運動を盛り込んでおけば、塵も積もれば山となり、大きな結果を発揮します。

例えば、通勤時の最寄りのバス停や駅までの移動は必ず歩きにする。もちろん、雨の日などの悪天候であれば車を利用しても構いません。
ただし、その場合は代替案として室内で出来る簡単な運動を行うことを忘れずに。

このように、生活サイクルの一部に運動を完全に馴染ませましょう。もちろん、運動は身体に無理のない範囲で行うことを心がけてください。

激しい運動は日常生活に取り入れることも可能

「運動したいけど時間がない!」という方は、ながら運動で趣味の時間とダイエットの時間を両立させましょう。

例えば、映画鑑賞が趣味なら、テレビのある部屋にエアロバイクや筋トレ器具を用意するのもおすすめ。
趣味の映画鑑賞を行いながら、エアロバイクで運動しつつ、筋トレ器具で身体を鍛えることができます。

「ながら運動」はマルチタスクになるので、どうしても各行為の具体的な内容は頭に入りにくくなってしまいますが、運動の苦痛が緩和され、継続しやすくなります。

特にただ走っているだけの時間が苦痛な方には非常におすすめの手法です。インドアな趣味をお持ちの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

毎日の積み重ねで少しずつ痩せる

ダイエットは一日にして成らず。大事なことは毎日コツコツと積み重ね、少しずつ痩せていくこと。
我慢して我慢して一気に痩せる方法もありますが、それでは身体を壊してしまうかもしれません。

隙間時間を有効に使った生活サイクルなら、ちょっと怠け癖があるような方でも続けられそうですよね。
まずは心と身体を解きほぐすよう働きかけるエステから始めてみませんか?

男性限定のエステサロン「TransATT(トランザット)」では、第一印象を変えてくれるメニューを展開し、男性のお悩みに効率良くアプローチ。

代官山、恵比寿、中目黒の駅からすぐのアクセス良好なプライベートサロンなので、気兼ねなく通えますよ。エステの力を借りて、効率良く理想の身体へ近づけていきましょう。

ビフォーアフターを見る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事