眉毛を剃る

こまめに眉毛を整えていても、すぐに気になってしまうのが眉毛の剃り跡です。せっかく眉毛の形を綺麗に整えても、剃り跡があると残念な印象になってしまいますよね。眉毛を整えるときは、できるだけ剃り跡が目立たないようにお手入れしたいものです。

そこで今回は眉毛の気になる剃り跡を目立たなくするためのポイントや、剃り跡を残さないコツなどを解説します。この記事を参考にして、近くで見られても隙のない眉毛を目指してください。

男の眉毛の剃り跡を目立たなくするポイント

ちゃんとお手入れをしたのに、眉毛の剃り跡が目立ってしまうことはよくあります。他の人の目立つ眉毛の剃り跡を見て、「自分の剃り跡は大丈夫かな?」と心配になった経験がある方もいるでしょう。

ここでは、眉毛の剃り跡を目立たなくするポイントを紹介します。

毛穴をしっかり開いてから剃る

眉毛の剃り跡を目立たなくするためには、眉毛の毛穴を開いておくことが大切です。毛穴が開いていない状態で剃ってしまうと、毛の根元の方から剃ることができません。そのため剃り残し部分が多くなってしまい、剃り跡が目立ってしまうのです。

毛穴を開くためにはホットタオルを目元に当ててから剃るのがおすすめ。ホットタオルで目元を温めることで、毛穴が開いて剃りやすくなるうえに、毛自体も柔らかくなるので剃りやすくなります。しっかり根元から剃れるので、剃り跡が目立ちにくくなりますよ。

眉毛専用のシェーバーを使う

カミソリでも電気シェーバーでも、必ず眉毛専用のシェーバーを使いましょう。眉毛専用のシェーバーは刃の部分がコンパクトなので、細かい部分も剃りやすいです。眉毛の処理は気をつけないと、肌を傷つけてしまう原因にもなります。眉毛専用シェーバーなら、怪我もしづらいです。

コンシーラーで隠す

どれだけ処理しても毛穴のなかに残っている毛や毛根が透けて、青く跡が目立ってしまうことがあります。そんな時におすすめしたいのが、コンシーラーを使う方法です。男性でコンシーラーはなかなか持っていないかもしれませんが、ドラッグストアならリーズナブルに購入できます。

剃り跡が目立つ部分にうっすら乗せて、指先で叩くようにして馴染ませれば、メイクをしているということは周りにバレません。たくさんつけすぎると不自然になるので、薄くつけるようにしましょう。

眉毛を脱色する

眉毛の剃り跡が目立ってしまうのは、眉毛の毛自体が太く、しかも真っ黒だからです。特に毛が太い方は、どれだけ慎重に処理をしても剃り跡が目立ちやすい傾向にあります。そんな方でも眉毛の脱色をしてしまえば、剃り跡が目立ちません。眉毛専用の脱色クリームはピンポイントで脱色できるので、とても簡単です。

男の眉毛が手入れ後に青くなってしまう原因

眉毛を気にする男性

どんなに慎重にお手入れをしても、眉毛の剃り跡が青くなってしまう男性は多いです。どうして剃り跡が青くなってしまうのでしょうか。その原因を解説します。

眉毛1本1本が太い

細い毛を剃った時と太い毛を剃った時では、太い毛の方が剃り跡が目立ちやすいことは想像できますよね。毛の太さは人それぞれですが、男性は眉毛1本1本が太い方が多い傾向にあります。綺麗に剃っても毛穴のなかには太い毛が残っているため、どうしても剃り跡が目立ってしまうのです。

きちんと剃れていない

肌が硬い状態、毛が硬い状態で眉毛を剃ると眉毛を根元から剃ることができません。そのため剃ったつもりでも、毛穴から眉毛が出てしまっていて、剃り跡が目立ってしまいます。眉毛専用以外のシェーバーを使って剃った場合も、細かい部分がうまく剃れず、結果的に剃り跡が目立ってしまうことが多いです。

肌の色が白い

色白の人は肌の下が透けてしまいやすいため、どれだけ綺麗に眉毛を剃っても剃り跡が目立ってしまうことがあります。ちょっと眉毛が生えてきただけでも目立ちやすいのも色白の人の特徴です。

眉上の毛を剃ってしまっている

眉毛の形を整えるとき、眉上の毛を剃ってしまっていませんか?眉上の毛は視線がいきやすいので、ちょっとでも剃り残しがあったり生えてきたりすると、かなり目立ってしまいます。眉毛を処理するときは眉上の毛には触れず、眉下の毛を処理するのが基本です。

シェーバーが劣化している

いくら眉毛専用のシェーバーを使っているとしても、シェーバーが劣化していては綺麗に剃ることができず、剃り跡が目立ってしまうことがあります。シェーバーが劣化すると肌を傷つける原因にもなりますので、こまめに取り替えるようにしましょう。

剃り跡を残さない男の眉毛手入れのコツ

コームでとかす

男性が眉毛のお手入れをするとき、剃り跡を残さないためのコツを紹介します。いつもは目立ってしまう剃り跡も、コツを押さえておけば目立ちにくくなりますよ。

処理する前にコームでとかす

眉毛を処理する前には、全体をコームでとかしましょう。見た目にはわかりませんが、意外と眉毛も絡まってしまっていることがあります。全体をとかしておけば、きちんと根元から剃れますよ。コームでとかすときはまず毛を逆立てるようにしてとかした後、毛の流れに沿ってもう一度とかすのがポイントです。

毛抜きを使う

剃った後が目立ってしまうのは、肌の表面に微妙な剃り残した毛が顔を出してしまっていたり、毛穴のなかの毛が透けてしまうからです。毛抜きを使えば根元から抜けるので、剃り跡ができる心配はありません。

眉上の毛を処理しない

先ほども剃り跡が目立つ原因として紹介しましたが、眉上の毛を処理してしまうと剃り跡が目立ちやすくなります。生えてきた時もすぐにわかってしまうので、眉上の毛を剃るのはやめましょう。どうしても処理したい毛があるなら、毛抜きを使うことをおすすめします。

ワックス脱毛で根元から処理する

眉毛の毛を1本ずつ毛抜きで処理するのは、いくら剃り跡を残さないためと言っても、なかなか大変です。そこでおすすめしたいのがワックス脱毛で根元から処理する方法です。ワックス脱毛を使えば、いらない毛を根元から一度に処理できます。剃るのと比べて毛が生えるスピードも遅くなるので、まめにお手入れする必要もありません。

眉毛は剃るよりワックス脱毛がおすすめ

眉毛を剃っても数日すれば、すぐに生えてきてしまいますよね。しかしワックス脱毛なら3〜4週間は綺麗な眉毛の状態をキープできます。しかも剃り跡が目立つ心配もないので、お手入れがかなり楽ちんに。ワックス脱毛なら毛穴の中に毛が残ることもないので、色白の方でも透けて見えることはありません。

「永久脱毛の方が楽なのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、眉毛の形にはトレンドもありますし、年齢によって似合う眉毛の形も変わってきます。お手入れのスピードを遅らせることができ、いつでも眉毛の形を変えられるワックス脱毛は、眉毛のお手入れには最適な方法です。

男の眉毛の剃り跡を目立たせたくないならワックス脱毛をしよう

眉毛のお手入れは男性にとっても身だしなみの一つですよね。でも忙しいビジネスパーソンだからこそ、お手入れにかける時間は減らしたいもの。そんな方にこそ、剃り跡が目立つこともなく、お手入れ時間を短縮できるワックス脱毛はおすすめです。ワックス脱毛をしておけば、いつでもキッチリ整った眉毛をキープできますよ。

メンズの眉毛スタイリング実例

ワックス脱毛は市販のワックスでも可能ですが、より綺麗に長時間効果が実感できる脱毛をしたいならプロにおまかせするのがおすすめです。

ワックス脱毛に興味を持った方は、代官山駅から徒歩3分、恵比寿・中目黒から徒歩7分の 「メンズ眉毛サロン代官山店」にぜひご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事